【掲載】『週刊エコノミスト』4月7日特大号に原稿が掲載されました(^-^)/

今日3月30日発売の『週刊エコノミスト』に私が書いた原稿が掲載されています。

「急げ!社会保障」というシリーズの5回目を担当させていただきました。



冒頭で1970年度と最新の2012年度の国民医療費を比較したりしていますが、なぜ、1970年度なの?と思われる読者がいるかもしれません。

実は、私が生まれたのが1970年なので、私が生まれてからの体重の増加率(約20倍)と国民医療費の増加率を比較したのですが、真面目な媒体なのでバッサリ削除されました(爆)

この事実を知っておくと3倍くらい楽しくお読みいただけると思います( ^ω^ )

よろしくお願い申し上げます。

(2015-3-30)

--

“コンサナリスト”&“パーソナルモチベーター”川越満

【新サイト完成】 http://www.mitsurukawagoe.com

Copyright (c) 2015 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」20刷決定!!(累計5万部突破)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで6刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※300人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』



「MR」を再定義するタイミングがキタ―――(゚∀゚)―――― !!

武田薬品が「MR像を再定義」するという記事がミクスOnlineに掲載されました。

https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51311/Default.aspx

2013年9月に開催されたユート・ブレーンセミナーで私は、MRを「再定義」する時ではないか?と問題提起させていただきましたが、いよいよ業界トップの武田さんが動き出すことになります。

saiteigi.jpg

(2015-3-19)

--

“コンサナリスト”&“パーソナルモチベーター”川越満

【新サイト完成】 http://www.mitsurukawagoe.com

Copyright (c) 2015 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」20刷決定!!(累計5万部突破)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで6刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※300人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』



MR意識調査2015

『Monthlyミクス』さんが「MR意識調査2015」を実施しています。

現役MRの皆様、ぜひ参加してください(^-^)/

https://www.mixonline.jp/survey/tabid/327/frmid/60/Default.aspx

(2015-2-3)

--

“コンサナリスト”&“パーソナルモチベーター”川越満

【新サイト完成】 http://www.mitsurukawagoe.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」20刷決定!!(累計5万部突破)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで6刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※300人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「MRが訪問しないと5%引き」が現実へ

訪問MRの節減効果、企業に明示要望へ  聖マリ医大病院、価格交渉へ活用も(2014年10月9日 )
http://nk.jiho.jp/servlet/nk/rinsho/article/1226578879752.html?pageKind=outline

今朝のこの記事を読んで、2年前に書いたことが現実に向けて動き出したなぁとしみじみ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今週の提言

MRが訪問しないと5%引きなら? 公開日:2012/07/27

シミックMPSSが7月21日に都内で開催した「ハイブリッドMRが創る新時代」セミナーの冒頭で、同社がMonthlyミクス編集部と共同で実施した「医師はMRにどんな活動を望んでいるのか?」の調査結果が明らかにされた。

それによると、8割強の医師はMR活動に対し、エビデンス、副作用、競合品との違い、受け持ち患者への適切な使用法等、幅広い情報提供を期待していると結論付けられていた。今回のような「MRは必要か?」という類の調査では、概ね8割程度の医師が「必要」「役に立っている」と答える。

物やサービスを受ける際の要求レベルは、(1)お金をもらってもいらない、(2)無料でもいらない、(3)無料ならほしい、(4)お金を払ってもほしい、(5)お願いですから売ってください─にランク分けされる。このうち、「MRは必要か?」の調査は、(3)の「無料ならほしい」かどうか? を聞いていることに等しい。

仮に、「MRが訪問しない場合は、納入価が5%引きになるとしても、MRの訪問を望むか?」と質問した場合は、(4)について聞いていることになり、8割が必要と答えた(3)とは違う結果が出てくるはずだ。

これからは(4)のレベルをクリアできるMRを医療現場は求めてくる。(3)のレベルの業務は、WEBやコールセンター等に役割がシフトしていくだろう。(川越 満)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(2014-10-9)

--

“コンサナリスト”&“パーソナルモチベーター”川越満

【新サイト完成】 http://www.mitsurukawagoe.com

Copyright (c) 2014 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。









【電話MR】MRは電話待機の時代へ?

今日のミクスeX-pressにファイザーの“電話MR”のことが紹介されていました。

https://www.mixonline.jp/tabid/55/artid/45317/Defalut.aspx?ex131217e

この取り組みは、ファイザーの豊沢泰人経営政策管理本部長が昨年のユート・ブレーンセミナーの時に紹介していた内容を、日本にも導入するということだと思います。

参考までに、当時の記事を添付します。

☆……………………☆……………………☆
週刊誌『アプローチ』<誌上セミナー>公開日:2012/09/07

アメリカのMRが優秀な理由

「自社製品の“真の”製品特性を理解していないMRが多い」「特性を話せても、だから、医師・患者・〇〇室にとってメリットがあると言えないMRが多い」──8月30日に都内で開催されたユート・ブレーンセミナー「競争力の源泉としての次世代MRを考える」では、活発に意見が交わされた。

日本に先立って医療関係者に対する支払いを情報公開したアメリカのMR事情を講演したファイザーの豊沢泰人経営政策管理本部長は、「MRは削減され残業もなくなった。代わりにRemote Personal Selling(RPS)が増えた」と紹介した。RPSとは、10〜20人のMRがオフィスに待機しており、外から医師がテレビ電話でアクセスするというシステムだという。

アメリカでは、日本以上に訪問が困難だが医師もMRに全く会えないと困る。そのため、「訪問しないけど、会えます」というRPSが効果を発揮している。「いろんなチャネルを使ってプロモーションをしないと、一定量のディテーリングを確保できない」時代が日本も早晩やってくるに違いない。

また、豊沢氏は「日本よりもアメリカのMRのほうが優秀だ」と断言した。「レベルが高いのは、日本のような皆保険がないから。薬価も支払いの構造も州単位で異なるから、制度を理解していないとディテーリングできない。だから本社で教育プログラムを作る意味がないし、会社はMRを教育しない」。

では、日本のMRはどうあるべきか? セルジーンの神田明研修担当部長は、OPDのDを“Dialogue”(対話)に、EBMのEを“Experience”に「変換」することが重要だと発言した。

DialogueのOPDは、「その患者さんのことをしっかり聴き、話し合い、提案し、フォローし続ける」ことを意味する。患者はどういう価値観を持ち、家族はどう考えているのか。経済的な情報も欠かせない。そして、「患者をフォローしていくには、従来の大規模臨床試験等のEBMでは不十分」のため、組織力を生かして、その患者・医師のニーズに合ったベストプラクティスを提供するExperienceのEBMが不可欠になってくる。そして、育薬の視点も「適応拡大」だけでなく、患者一人ひとりにとって最高のベネフィット・リスクのバランスを「チーム医療」の一員として考えていく“生薬”の視点を神田氏はMRに求めているそうだ。

冒頭の指摘をした日本経済大学大学院の赤瀬朋秀教授(今年3月まで済生会横浜市東部病院薬剤部課長)は、医療現場のニーズを吸い上げる方法として、例えばがん領域であれば、「専門資格が次々と生まれている。専門職ができるということは、役割が細分化されているということ。ジェネリックに変える際には、がん専門薬剤師に相談しなければならない。彼らに対応するのは、やはり専門MRが望ましいし、彼らの行動特性を掴み、活用しているメーリングリストなどのコミュニティを活用するのが効率的」と発言した。   (川越 満)

☆……………………☆……………………☆

上記のような誌上セミナーを含め、『アプローチ(approach)』では、MRに役立つ情報を毎週お届けしています。

現在、新規ご購読キャンペーン中です。

キャンペーン期間中につき、2014年1月より冊子版をお申し込みいただいた方には、バックナンバー1ヶ月分(4冊)を無料でお送りいたします。キャンペーンお申込み期限:2014年1月末まで

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

 【アプローチ(approach)】
●アプローチの特徴
アプローチはMRなど医療機関・薬局をターゲットとして活動する人が、医療業界の動き・あるべきMRの姿などの記事を通し医療行政、制度など業界の最新の動きをいち早く入手することのできるポケットサイズのウィークリーマガジンです。

●アプローチデジタル版のサービス開始!
オンライン(ワールドネット)やスマートデバイスのHandbookアプリで閲覧が可能となりました。
お客様のニーズに合わせた最適な購読スタイルをお選びいただけます。

●連載中のタイトル
・今週の提言
・すぐわかるニュース解説(誌上セミナー)
・業界ニュースファイル
・薬価・流通問題を読む
・海外情報
・こんなMRと仕事がしたい
・薬局長が求めるMR像
・MR Breakthrough
・こちら覆面DI室
・MR100人に聞きました!
・長期収載品の守り方
・流行るクリニックに理由あり!
・米国からの医療業界最新情報
・今週のエクササイズ
※連載されているタイトルは変更することがあります

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 
 発行:月4回・毎週発行(年48回)
 購読料金:年間7,200円(消費税別・送料別)
 冊子版:ポケットサイズ
 デジタル版:ワールドネットまたはHandbook
 編集・発行:セジデム・ストラテジックデータ株式会社
ユート・ブレーン事業部

==「アプローチ」の詳しい内容は下記をご覧ください==
http://www.utobrain.co.jp/approach.shtml

■お申込み方法
<冊子版>
 アプローチ申込みフォーム
 http://www.utobrain.co.jp/cgi-bin/form.cgi?AP20130528
必要事項、購読部数、購読開始時期を入力の上、お申し込みください。

※団体でのお申し込みも受付しております。
 お問い合わせは ubbooks-jp@utobrain.co.jp までご連絡をお願いいたします。

<オンライン>
 ワールドネット
 https://worldnet.utobrain.co.jp/ にて
 ユーザー登録を行ってください。

<handbook>
 お問い合わせフォーム
 http://www.utobrain.co.jp/cgi-bin/form.cgi?NEW より
 「ハンドブックによるアプローチ購読」とご記入の上、お問い合わせください。
 Handbookでご覧になるにはHandbookアプリとアプリをインストール出来る端末が必要になります。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ お問い合せ先 ┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓
 セジデム・ストラテジックデータ株式会社
              ユート・ブレーン事業部 出版事務局
  E-mail: ubbooks-jp@utobrain.co.jp  TEL:03-3270-8741
  ホームページURL http://www.utobrain.co.jp/

(2013-12-17)

Copyright (c) 2013 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」18刷決定!!(累計5.38万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<新版化決定>『平成24年度改定対応<イラスト図解>医療費のしくみ』増刷出来!
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534049536/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで5刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【新連載】「MRとしてのノブレス・オブリージュ」

医薬情報&マーケティング業界誌『Monthlyミクス』での連載が10月号からスタートしました。

連載タイトル「MRとしてのノブレス・オブリージュ」
初回のテーマ「なぜ、製薬企業(MR)は悪者扱いされてもブラック企業ではないのか?」

ミクスOnlineにも掲載されています(会員制)
https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/44958/Default.aspx

初回に紹介した映画、判例などのリンクを参考までにご紹介しておきます。

<MRがパワハラを受けた判例>
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090707150710.pdf

<ワタミフードサービスがぶっちぎりで2連覇を達成した「ブラック企業大賞2013」>
http://blackcorpaward.blogspot.jp/

<製薬企業が悪者として描かれている映画>








(2013-10-1)

Copyright (c) 2013 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」18刷決定!!(累計5.38万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<新版化決定>『平成24年度改定対応<イラスト図解>医療費のしくみ』増刷出来!
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534049536/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで5刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【動画公開】MRになりたい学生に向けて講演「実績×患者思考×貢献心×責任感」

YouTubeに動画を公開しました。

2013年1月13日に開催された「MRになりたい学生のためのシークレットセミナー2013」(主催:MR-NET)で講演した内容です。




(2013-5-8)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」18刷決定!!(累計5.38万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<新版化決定>『平成24年度改定対応<イラスト図解>医療費のしくみ』増刷出来!
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534049536/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで5刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2012年度診療報酬改定MRチェックシート

弊誌『アプローチ』にも期間限定で掲載している「2012年度診療報酬改定 MRチェックシート」です。

若いMRさん向けの研修で良く使います。

<<2012年度診療報酬改定MRチェックシート>>
□ 診療報酬の“3つの役割”を説明できる
□ 診療報酬点数表の仕組みについて説明できる
□ 保険診療における概念図(保険料支払い〜診療報酬の支払い)を説明できる
□ 社会保障改革における2025年までの長期推計について把握している。
□ 自分の製品と関連する項目について、“対象患者”“算定要件”“施設基準”をいつで も確認できる
□ 得意先の院内掲示の変化を常にチェックしている(or厚生局のサイトから担当先の施設基準届出項目を定期的にチェックしている)
□ DPCの樹形図、入院期間T、U等を把握している
□ 得意先にどのような委員会・チームがあるか把握している
□ 製品に関連する「チーム」の集まりの前で情報提供をしたことがある
□ 特にクリティカルパス(連携パス)委員会の動向はチェックしている
□ 「専従」と「専任」の違いが説明できる
□ 「特別の関係」を説明できる
□ 各種入院料について、注射・投薬が包括されているか否かを把握している
□ 得意先が設定している臨床指標を把握している
□ 先発医薬品と後発医薬品の“同等性”について説明できる。さらに、地域の「後発医薬品採用ガイドブック」等を把握している
□ 得意先が新たに届け出た施設基準を口頭で確認した
□ 担当製品が関連する疾患について、地域における患者の流れを把握している
□ 担当製品に関連する診療報酬項目について算定モレがないか得意先に確認している
□ 自社製品と絡めて診療報酬のことを意識して話題にしている
□ 基幹病院の“ヘビーユーザー”(連携患者数が多い医療機関)を把握している
□ 病院担当者は得意先の勤務医負担軽減の取り組みを把握している
□ 担当エリア内の在宅療養支援診療所(病院)を把握している
□ 担当エリア内で、地域連携診療計画退院時指導料U、がん治療連携指導料、生活習慣病管理料、認知症療養指導料を算定している診療所を把握している
□ 時間外対応加算を算定している開業医に運用方法をヒアリングした
□ 医療安全性の観点から得意先で採用されなかった新薬、採用から外された製品とその理由を把握している
□ ハイリスク薬の薬学的指導で特に注意すべき事項について説明できる
□ 得意先とプロセス・アウトカムを改善する情報交換をしている
□ 薬剤部が求める「安全性情報」と「有効性情報」のレベルを把握している
□ 病棟薬剤業務実施加算や感染防止対策加算1or2取得後の変化について、病院に確認している
□ KAM(Key Account Management:多岐にわたる医療関係者に対する一貫したアプロ ーチ等)を意識している

(2012-5-16)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」17刷決定!!(累計5.2万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<新版化決定>『平成24年度改定対応<イラスト図解>医療費のしくみ』!
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534049536/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで4刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


「リピトールをジェネリックにすると360円安くなります」

2012年度になって初めてかかりつけ医を受診しました。

期待した一般名処方はされませんでしたが、薬局では、丁寧な後発医薬品シフトの説明がありました。

「リピトールをジェネリックにすると360円安くなります」

そして、説明書には、写真のように新しい説明が入りました。

“EE”とは、エルメッド エーザイ社のことです。

薬剤師の丁寧な説明と、この説明書があれば、普通の患者さんはジェネリックを選ぶ可能性が高くなると思いました。

kaitei.jpg

(2012-5-1)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」17刷決定!!(累計5.2万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<増刷御礼>『最新 医療費のしくみ』新版化決定!
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534049536/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで4刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


製薬企業への6つの提案

2月14日に開催した「2012年4月診療報酬改定と医薬品企業の対応セミナー」(ユート・ブレーン主催)の中で“初公開”した「製薬企業への6つの提案」について、「アプローチ」で書きましたので転載します。

☆……………………☆……………………☆
「製薬企業への6つの提案」(アプローチ:2012/02/27号より)

今回は、2月14日に開催した「2012年4月診療報酬改定と医薬品企業の対応セミナー」(ユート・ブレーン主催)の中で“初公開”した「製薬企業への6つの提案」をご紹介したい。

提案@ 制度チームとプロマネのコラボ
提案A One Patient Detailingへのシフト
提案B ゲストロジーの研究
提案C 情報提供プロセスの改革
提案D トレーナーの大幅増員
提案E アウトカムへのコミットメント


医療制度を研究している部署の方は、プロダクトマネージャーと連携し、診療報酬改定等の環境変化と自社製品を結び付ける“台本”を作成してほしい。プロマネとのコラボ方法は3つある。

@製品の伝えたいメッセージに合わせた制度のトピックを選び、ストーリーをつくる
A制度のトピックに合わせて、プロマネが製品の強みをかぶせたストーリーをつくる
Bプロマネに厚生労働省が描いた「ビジョン」(今回の診療報酬改定における糖尿病対策、がん対策等)を見せて、何らかのアクションを取れないか話し合う

“台本”があると、シェア・オブ・ディテーリング(SOD:興味を持ってくれた時間の獲得度合い)を上げやすくなる。

3つめの提案の「ゲストロジー」とは、ディズニーランドの造語で「ゲスト(顧客)がどのような人々か、何を期待してディズニーのテーマパークにやってくるのか」を分析することだ。ディズニーでは、ゲストを知ること(統計学的考察)と、ゲストを理解すること(心理学的考察)に分けて考える。MRと医師の関係性においては、“プロパー時代”には存在した心理学的考察が薄れてしまっている。

WEB、iPad、CSO、MS、講演会などを含めた情報提供の最適化を図るのが、4つめの提案「情報提供プロセスの改革」だ。AIDMAから進化したマーケティングプロモーションは、今日ではAMTUL(Awareness→Memory→Trial→Usage→Loyalty)がよく用いられている。Awareness(認知)とMemory(記憶)の向上に威力を発揮するITと、Trial(試用)、Usage(本格的使用)、Loyalty(ブランド固定)を強化するMRの役割分担の優劣が、他社との差別化につながっていく。

提案AのOne Patient Detailingを含めて、全ての提案をMRに教育するには、きめ細やかな指導が必要になるから、トレーナーの大幅増員が不可欠になる。

最後の提案は、「アウトカムへのコミットメント」だ。本誌2月13日号でも紹介した「糖尿病透析予防指導管理料」は、「1年間に当該指導管理料を算定した患者の人数、状態の変化等について報告を行うこと」とアウトカムを求めている。医療機関として、状態が良くなっていないことを報告するわけにはいかないだろう。より良いアウトカムを出すためのプロセス情報を、同管理料を算定する医療機関の医療スタッフは求めるはずだ。 (川越 満)

☆……………………☆……………………☆

(2012-2-27)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2012年度診療報酬改定(現時点の骨子)

厚生労働省は1月13日(金)の中医協・総会に「これまでの議論の整理(現時点の骨子)(その1)」を提出しました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001zphk-att/2r9852000001zplz.pdf
いよいよ「2012年度診療報酬改定33のQ&A」の製作に向けて、コンセプトを考える時期がやってきました(^▽^)/





(2012-1-14)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※150人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

メディア情報『医療事務◇無料ナビ』に対談記事掲載

ドコモ・au・ソフトバンク 携帯公式サイト『医療事務◇無料ナビ』に対談記事「希望産業の医療業界が求める人材とは」が掲載されました。

私のau携帯は古すぎで見られませんでしたが、人に借りてみましたww

iryojimu.JPG

<アクセス方法>

「医療事務」で検索してもOKですが、下記の方法でもどうぞ。
...
docomo
メニューリスト>辞書/学習/便利ツール>資格

SoftBank
メニューリスト>働く・住む・学ぶ>資格・学校情報

au
メニューリスト>仕事・学習 > 資格


(2011-12-5)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※150人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:医療事務

続きを読む

MRと医師の窓

MR向けの週刊情報誌「アプローチ」11/21号に、<MRと医師の窓>という概念を紹介しました。

コミュニケーション心理学で良く使われる概念に「ジョハリの窓」というものがあります。

「ジョハリの窓」は、自己開示と他者からのフィードバックを受けることの重要性を認識できるツールです。

あなたの職場などで、コミュニケーションがうまくいかない人は、自己開示をあまりせず、他者からのフィードバックをあまり受けない人ではありませんか?

このジョハリの窓をヒントに考えたのが、「MRと医師の窓」です。

MRandDRwindow.jpg

縦軸をMRが「伝えたい」と「伝えない」情報に分け、横軸は医師が「知りたい」と「別に知りたくない」情報に分けています。

上の図は、Tが狭く、Vが広いという最悪のパターンです。しかし、現状はこのパターンに嵌っているMRが少なくありません。

理想は下の図です。Tが広く、Vが狭くなっています。このスタイルを各得意先で目指したいものです。

(2011-11-21)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※150人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

第一三共エスファのシェア・オブ・マインド測定方法

シェア・オブ・マインド(SOM)を高めなければエスタブリッシュ製品(長期収載品+後発医薬品)は売れない─第一三共エスファの田龍三代表取締役会長は7月22日に開催されたユート・ブレーンの「本格化する先発企業のジェネリック事業とバイオシミラーの行方セミナー」で講演し、エスタブリッシュ製品ビジネスの成否はシェア・オブ・ボイス(SOV)ではなく、SOMだと強調した。

同社は営業部員を販促重視のMRではなく、“販売”を重視したEPC(Established Pharmaceutical Coordinator)と呼んでいる。後発医薬品に必要なのはディテーリングではなく、販売だからだと田会長は述べた。

「使ってください」、「切り替えてください」と言える販売力の向上には、「関係性マーケティング」が求められるため、EPCは、@電話、メール等の交流がある、A他メーカーより優先的に面会可能である、B院内行事に招待されるなど、特別な位置づけである、C従業員に名前を覚えてもらっている、D無理を頼んでも、大体聞いてもらえる─といった項目で各担当先のSOMを計っているそうだ。

※この記事は「アプローチ」8/1号から抜粋したものです。

好評をいただいておりますユート・ブレーンの情報誌、「アプローチ(approach)」のご案内をさせていただきます。

8月末までにお申し込みいただいた方には、「アプローチ」のバックナンバーを1ヶ月分(4冊)贈呈いたします。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 【アプローチ(approach)】
●アプローチの特徴
アプローチはMRなど医療機関・薬局をターゲットとして活動する人が、医療業界の動き・あるべきMRの姿などの記事を通し医療行政、制度など業界の最新の動きをいち早く入手することのできるポケットサイズのウィークリーマガジンです。

・医療行政や制度の知識といった製品以外の有益な情報を入手できる
・医療従事者に対する有益な情報が満載
・様々な視点からMRを取り巻く環境を解説
・ポケットサイズなので通勤時間や待ち時間を使って効果的に情報収集できる
・医師のニーズや環境変化に対応したMR活動のチェックシート付き

●連載中のタイトル
・今週の提言
・すぐわかるニュース解説
・業界ニュースファイル
・OPDへの道
・薬価・流通問題を読む
・海外情報
・こんなMRと仕事がしたい
・薬局長が求めるMR像
・できるMRの頭の中
・調査屋が見た「求められるMR」の真実
・MRハックス
・米国からの医療業界最新情報
・今週のエクササイズ
※連載されているタイトルは変更することがあります

_/_/_/体裁・定価_/_/_/_/_/_/
 
 発行:月4回・毎週月曜日発行(年48回)
 体裁:ポケットサイズ
 購読料金:年間7,560円(税込・送料別)
 編集・発行:セジデム・ストラテジックデータ株式会社
ユート・ブレーン事業部
==「アプローチ」の詳しい内容は下記をご覧ください==
http://www.utobrain.co.jp/approach.shtml

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ お問い合せ先 ┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓
 セジデム・ストラテジックデータ株式会社
              ユート・ブレーン事業部 出版事務局
  E-mail: ubbooks-jp@utobrain.co.jp  TEL:03-3270-8741
  ホームページURL http://www.utobrain.co.jp/


(2011-8-5)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※100人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2012年問題以降のMRのタイプ分類by川越満

7/28に開催したユート・ブレーンセミナー「“MR生誕100年”を迎えて今後のあり方を考える」で講演させていただいた際に、<2012年問題以降のMRのタイプ分類>を提示しました。

(1)疾病管理型
・医療連携・連携パス・街づくり

(2)学術重視型
・英語は必須、学会参加・論文読む件数は専門医を凌駕
・コミュニケーション&ネゴ能力高ければMSLへの道

(3)コンサル型
・臨床指標、医療制度、ITに詳しく、立場逆転

(4)営業代行型
・医師が“やりたいけど時間もマンパワーもないこと”を代行
・give&give&given、Win-Win

(5)御用聞き型
・ルートセールスの王道。ただし、競合がいなければ。新型は「先生の代わりに、こういうことを調べておきましょうか?」と逆提案

(6)アリキック※型
・何もすることがなくなり、ただ訪問するだけ

※アリキックをご存じない方はこの動画をごらんください。


6つのタイプを挙げた上で、これからのMRが目指す方向として“OPD”(One Patient Detailing:自社製品に限らない、個々の症例に基づくディテーリング)を紹介しました。

このOPDを広げるために、OPDスペシャリストの高橋洋明さんとともに公式Facebookページを立ち上げました。ぜひ「いいね!」よろしくお願い申し上げます。

⇒ http://www.facebook.com/OnePatientDetailing

(2011-8-1)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※100人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

前月訪問のあった、最も印象に残ったMRとその理由

ネグジット総研はこのほど、自社で保有する薬剤師モニターを対象に実施した「マンスリーリサーチ『前月訪問のあった、最も印象に残ったMR(メーカー)とその理由』」(2010年12月-2011年2月)の調査結果を公開しました。

調査はWEBアンケートで実施されました。調査サンプル数は12月分:141名、1月分:140名、2月分:157名。

印象に残った理由は、新薬発売に限らないことが注目ですね。

■12月分調査(アンケート期間1月1日〜10日)有効回答:141
1位:グラクソ・スミスクライン 出現率:14.2%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「ザイザル」「商品説明」
    
2位:ファイザー 出現率:9.9%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「チャンピックス」「MRの印象」

3位:エーザイ 出現率:9.2%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「パリエットの後発品対策」

■1月分調査(アンケート期間2月1日〜10日)有効回答:140
1位:第一三共 出現率:11.4%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「イナビル」、「アルツハイマー新薬「メマリー」」
    
2位:エーザイ 出現率:6.4%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「認知症の説明」、「他社アルツハイマー新薬、後発品」
                   
3位:グラクソ・スミスクライン 出現率:5.7%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「ザイザル」「MRの説明が上手」
 

■2月分調査(アンケート期間3月1日〜10日)有効回答:157
 
1位:武田薬品工業 出現率:19.1%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「ダーゼン販売中止」「自主回収」
   
2位:第一三共 出現率:10.8%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「新薬メマリーについて」
 
3位:ファイザー 出現率:6.4%
[最も印象に残った理由(キーワード)]「勉強会」「資材提供」


※プレス内容はこちら
http://www.mmpr.jp/topics_detail1/id=80

(2011-4-26)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※80人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

丸善出版が災害、放射線、心理学分野の文献を無料公開

丸善出版はこのほど、同社がこれまでに刊行した書籍のうち、災害、放射線、心理学分野に該当する文献の本文を公開したことを明らかにした。

4月7日時点で公開されているのは、『身近な放射線の知識』『知っていますか?医療と放射線』『ストレス百科事典』『応用心理学事典』『ACP内科医のための「こころの診かた」』『理科年表 平成23年版』『月刊物理科学雑誌「パリティ」』。

公開タイトルは準備が出来次第、順次追加するという。

すばらしい!

⇒ http://pub.maruzen.co.jp/index/kokai/

(2011-4-7)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※60人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


続きを読む

認知症連携パス

10年ぶりに抗認知症薬の新薬「メマリー」「レミニール」が登場しましたね。

メマリー情報
http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/003894.html

レミニール情報
http://www.takeda.co.jp/press/article_41686.html

認知症の分野でも連携パスは重要な役割を果たしています。

認知症連携パスの仕掛けは「アリセプト」を持つエーザイ、ファイザーが先行していますが、後続企業がどのようにマーケティングをするか注目ですね。

参考:大田区認知症連携パス(大田区認知症連携リスト含む)
http://www.omori-med.or.jp/ninchisyo_setsumei.html

参考:かわら版
http://www.access-care.co.jp/aki.pdf

(2011-3-25)


Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※60人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2011年度のDPC対象病院の調整係数並びに機能評価係数U

2011年度のDPC対象病院の調整係数並びに機能評価係数Uが3月17日に官報告示されました。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-147.pdf

これによると、DPC対象病院は1449病院となりました。

これからチェック・分析して週刊誌「アプローチ」に記事を書いて、本ブログでも紹介しようと思います。

(2011-3-22)

<追記>2011-3-23
参考:新たにDPC対象病院となった59病院のランキング


◎調整係数トップ
駿河台日本大学病院:1.1554

◎データ提供係数は52病院が最高の0.0039

◎効率性係数で最高の0.0077を獲得した3病院
医療法人 土屋小児病院
千葉県こども病院
公益社団法人地域医療振興協会 東京ベイ・浦安市川医療センター

◎複雑性係数トップ
独立行政法人国立がん研究センター東病院:0.0075

◎カバー率係数トップ
愛知県厚生農業協同組合連合会 豊田厚生病院:0.0066

◎地域医療係数トップ
船橋市立医療センター:0.0056

◎救急医療係数トップ
橋病院(兵庫県):0.0105

◎機能評価係数Uの合計のトップ
船橋市立医療センター:0.0301

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※60人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

YoutubeでMR向け映像配信。巨大地震、SOM等について

初めてYoutubeで映像の配信をしました。

今回はMRーNETの池上さんとの緊急特別対談として、(1)大震災の時に際し、MRがやるべきことは?、(2)シェアオブマインドについて、(3)池上さんからの質問・対談ーーについて30分くらい収録しました。

1本目の東日本巨大地震とMRについては、それぞれの立場によって考え方が異なると思います。少しでも参考にしていただければ幸いです。

(1)大震災の時に際し、MRがやるべきことは?
※MSさんにプロの仕事をしていただくための自社製品の欠品情報等の迅速な対応等については、当たり前のことなので映像の中では触れておりません。


(2)シェアオブマインドについて


(3)池上さんからの質問・対談



(2011-3-21)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※60人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

QLife「調剤薬局検索<緊急・暫定版>」サイトを公開

QLifeがこのほど、「調剤薬局検索<緊急・暫定版>」サイトを構築したそうです。

URL:http://www.qlife.jp/meds/pharmacy/

以下、リリースです。

………………………………………………………………………………
「調剤薬局検索<緊急・暫定版>」サイトを公開
“避難先で薬局を探す”“いつもの薬局が閉鎖”の医薬品不足に対応
…………………………………………………………………………………
日本最大級の病院検索サイト、医薬品検索サイト、医療情報サイトを運営する総合医療メディア会社の株式会社QLife(キューライフ/本社:東京都世田谷区、代表取締役:山内善行)は、「調剤薬局検索<緊急・暫定版>」サイトを構築した。
URLは、 http://www.qlife.jp/meds/pharmacy/

「東北地方太平洋沖地震の影響で、常用している薬局が閉まっている場合や、避難先で薬局を探す時に、場所が分からずに困っているケースが多い」との声に対応した。抗がん剤、向精神薬、リウマチ治療薬、ステロイドなどを服用している患者では、急な中断が危険な場合もある。また、大きな倒壊を免れた地域でも、ライフライン途絶や流通不全で、開局(営業)できない薬局も少なくない。

厚生労働省地方厚生(支)局が公開している全国の調剤薬局開業届け出データを元に、約5万4千施設を収集してデータベース化したもので、携帯電話などで素早く検索ができる。

・住所、薬局名での自由検索が可能
・各薬局ページは地図付き
・対象地域は全国(約5万4千施設)
・開局(営業状況)情報をコメント機能によりシェア可能に(準備中)

なお、構築にあたっては、以下の各社から協力を得た。

・データ収集:株式会社ネグジット総研
・ジオコーディング:株式会社コードプラス
・サイト構築:Shogo Yamashita

───────────────────────────────────

(2011-3-16)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※60人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

週刊エコノミスト増刊「図解日本経済2011」

週刊エコノミスト増刊「図解日本経済2011」が1/24に発売されました。

私は、医療産業を担当し、<医療制度改革「チーム医療」を進める制度づくりが焦点に>について書かせていただきました。



目次はコチラ:エコノミスト臨時増刊号のページです。
⇒ http://mainichi.jp/enta/book/ecozoukan/



◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2011-1-25)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』おかげさまで増刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※50人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2017年医療用医薬品生産高予測

矢野経済研究所は1月17日に「医療用医薬品の将来予測」を明らかにしました。

それによると、2017年医療用医薬品生産高は医療制度改革が医薬品需要に多大な影響を及ぼすシナリオで10兆5143億円と予測。

一方、医薬品需要と企業努力の底堅さと緩やかに推移する医療制度改革を加味したシナリオでは、16兆3473億円と予測しています。

http://www.yano.co.jp/press/press.php/000735

前者のワーストシナリオでも、2010年から2兆円以上も増えることになり、後者のベストシナリオでは約2倍に市場規模が膨らむことになりますね。


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2011-1-18)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』おかげさまで増刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※50人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

「とくダネ!」が日本咳嗽研究会を紹介

今朝の情報番組「とくダネ!」で“せきが止まらない人”が増えていることが紹介され、「マイコプラズマ肺炎」が疑われると指摘していました。そして、専門医を探す方法として、エーザイが協賛している「日本咳嗽研究会」のサイトが紹介されました。これはタイアップなのかもしれませんね。

日本咳嗽研究会ホームページ
http://netconf.eisai.co.jp/cough/

マイコプラズマ肺炎について
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_09.html



◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2011-1-18)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』おかげさまで増刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※50人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

処方せん以外に薬局薬剤師に期待する患者は3割以下orz

ネグジット総研MMPRとQLifeはこのほど、薬局における疾患啓発と相談機能に関する薬剤師と患者のギャップ調査を実施し、その結果を1月17日に発表しました。

調査はhttp://www.qlife.jp/に登録している患者(定期的に通院している一般生活者)500名 、薬局勤務薬剤師:200名を対象に、処方せん薬以外の問い合わせ窓口として、薬局、薬剤師を利用したいと思うか?などをWEBアンケートで実施したもの。調査実施期間は2010 年11月5日〜19日。

それによると、処方せん薬以外の問い合わせ窓口として期待する患者は27.2%と3割以下でした。

利用したいと答えた人が期待することには、次のようなことが挙げられています。
・かかりつけ医を替えたいときに相談できるので。
・医師とは違う視点ではなしてほしい
・漢方についても少しは知っていてほしい
・現在既にお気に入りの薬剤師(薬局)があり、現に病院情報や病気についての相談をしている。気が合えば薬剤師さんの方が医者より話しやすい。
・地域に住んでいる人が薬剤師として働いていれば、個人的な病院に関する情報を得ることもできるので、ありがたい。
・病院の医師に言いづらいことを相談に乗ってくれ、独立した医療機関として窓口となっていただけるとありがたい
・クスリの飲み合わせやなど
・ジェネリック医薬品について
・医師には聞きづらくて聞けなかったことや、診察時に時間がなくて聞けなかったとき。
・医師の評判などを聞きたい。
・病院のように病気やけがで出向く場所でなく、普段の買い物などで行くドラッグストアのようなところの薬剤師さんに疑問に思うことなどを気楽に聞けるとイイ。




◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2011-1-17)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』おかげさまで増刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※50人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

iPadとiPhoneが製薬企業に受ける背景

効率的な面談と効率的な学習(さらなる知識の増加)が必要なMRには、iPhone&iPadが救世主となりそうです。

今後、大手製薬企業のiPhone&iPad導入の報道が、ますます目立ってくるでしょう。






◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-12-13)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』おかげさまで増刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

効能効果、用法用量等に違いのある後発医薬品リスト

『最新<イラスト図解>医療費のしくみ』の増刷が決定しました!ありがとうございます!

おかげさまで旧版と合わせると2万部突破です☆

本の詳細はコチラ
http://consunalist.seesaa.net/article/145792294.html

増刷される度に、データの更新等を行っているのですが、今回の改訂作業の中で、よい資料を見つけたのでご紹介します。

日本ジェネリック製薬協会がまとめている「(先発医薬品と)効能効果、用法用量等に違いのある後発医薬品リスト」です。
⇒ http://bit.ly/auCyGl

随時更新されているのがうれしいですね。


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-12-6)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』おかげさまで増刷決定!
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

薬剤師が選ぶ製薬企業イメージ調査2010

株式会社ネグジット総研MMPRはこのほど、「薬剤師が選ぶ製薬企業イメージ調査ランキングレポート2010」をまとめました。

 <調査結果一部抜粋>
 調査実施期間 2010年10月28日 〜11月1日
 調査サンプル   薬局勤務薬剤師:300名、病医院勤務薬剤師:150名
 調査方法 WEBアンケート
 調査実施機関 株式会社ネグジット総研 MMPR
 
 ■最も評価できるコールセンターを持つ製薬企業はどこですか?
   
  薬局勤務薬剤師
    1位 アステラス製薬
    2位 ファイザー

  病医院勤務薬剤師
    1位 アステラス製薬
    2位 第一三共 


 ■薬局、薬剤師を大事にしているメーカーは?
    
  薬局勤務薬剤師
    1位 第一三共
    2位 エーザイ

  病医院勤務薬剤師
    1位 第一三共
    2位 アステラス製薬

 ■文化、スポーツなどのイベント活動に熱心なメーカーは?

   薬局勤務薬剤師、病医院勤務薬剤師ともに
    1位 大塚製薬
    2位 武田薬品

 ■質の高いMRのメーカーは?

  薬局勤務薬剤師
    1位 武田薬品
    2位 第一三共

  病医院勤務薬剤師
    1位 武田薬品
    2位 ファイザー

詳細はコチラ。12月10日より52,500円(税込み)で販売されるそうです。
http://mmpr-company.d2.r-cms.jp/topics_detail8/id=60


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind

(2010-12-2)

<追記:2010/12/08>
総合ランキングは1位武田薬品、2位第一三共、3位アステラス製薬、4位ファイザー、5位エーザイ、6位GSK、7位中外、8位大塚製薬、9位塩野義製薬、10位ノバルティス ファーマ−−となっています。

総合ランキングは各設問のポイントを加算したものとなっており、ポイントは1位:10P、2位:9P、3位:8P・・・10位:1Pと、10位までにポイントが付与されています。

つまり、各設問において11位以下で回答されている企業にはポイントが入りません。ゼロポイントとなります。

このゼロポイント企業には、ヤンセンファーマ、日本ベーリンガーインゲルハイム、バイエル薬品等の学生に人気の企業が名を連ねています。


Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

成人ぜんそくハンドブック

11/27に参加した医療制度研究会で、『めざせ!快適生活 成人ぜんそくハンドブック』をいただきました。

zensoku.jpg

「喘息予防・管理ガイドライン2009」の内容を踏まえて、分かりやすく喘息治療について解説されており、薬の使い方も網羅されています。

(独)環境再生保全機構で無料配布しているようです。
⇒ http://www.erca.go.jp/index.html

興味がある方は、ぜひ入手してください。

<追記2010/12/21>
本日、NHKで紹介されました。
「大人のぜんそくハンドブック」⇒ http://nhk.jp/N3tM6hUo


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-11-29)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2012年度ダブル改定セミナー(11/25)一言コメント集

11/25に都内で開催したユート・ブレーンセミナー「2012年薬価制度&診療報酬・介護報酬ダブル改定の行方」の一言コメント集です。


「中医協では薬価を下げて医療費を賄うのが基本的な考え方。2012年度の“ダブル改定”では、財源が乏しいため新薬創出加算が微妙な存在になるかもしれない」
---日本薬剤師会 三浦洋嗣常務理事


「日本調剤では、先発医薬品から後発医薬品に切り替えることにより、月に約6億円の薬剤料がダウンしている」
---日本調剤 三成亮常務取締役


「(新薬創出加算の対象品目ランキングについて)上位10社中9社が外資系だが、ランキングは“品目数”となっているのがミソ。実額(恩恵額)では加算対象となったアリセプトを持つエーザイがもっと上位に来るはず」
---株式会社薬新 井高恭彦社長



◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-11-26)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

WHO年次報告書を元ネタにした切り口

WHO関連でこんなニュースを目にしました。

元ネタは11/22に発表された年次報告書で同じなのに、取り扱い方が全然違うところが面白いですね。

世界の医療費、4割が無駄遣いか=財源確保へ「携帯税」提案―WHO報告
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101122-00000120-jij-int

「世界中に国民皆保険を」、日本は成功例 WHO年次報告
http://bit.ly/fTaac8


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-11-25)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで増刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

出ました2008年度国民医療費

やっと出ましたね「平成20年度国民医療費の概況」。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/08/index.html

前年度比2.0%増の34兆8084億円となりました。



◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-11-25)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

MRスタイル革命〜8つのキーワード〜

土曜日(11/20)の独演会でもご紹介した「MRスタイル革命〜8つのキーワード〜」をシェアしたいと思います。

8keywords4MR.jpg

各キーワードはバラバラに考えるのではなく、リンクさせることにより強力になります。

【用語解説】
◎シェア・オブ・ボイス(SOV)とは?
 処方依頼中心のMR活動。医師へのコール数・ディテール数を競っている世界。
◎シェア・オブ・ディテーリング(SOD)とは?
 説明会・研究会・講演会・アポイント獲得など、じっくりと話を聞いてくれた&興味があると感じてくれた時間の獲得度合い。提供する情報と薬剤に価値があれば、売上増に結びつく。
◎シェア・オブ・マインド(SOM)
 得意先の医師等の“心のシェア”獲得を目指し、長期的な関係づくりを目指す。


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-11-22)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

ARB+CCBの配合剤戦争にランチェスター戦略?

今日(11/10)の日経産業新聞に、ノバルティス ファーマのトップMR研修で取り入れられているランチェスター戦略が紹介されています。

20101110TOPGUN.jpg

配合剤の投与日数制限もなくなることが決定的となり、とくにARB+Ca拮抗薬の市場では“戦争”が繰り広げられそうです。

そんな中で、ランチェスター戦略は通用するのでしょうか?

来年の市場の変化が楽しみです。


mr1120.gif


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-11-10)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」15刷決定!!(累計4万8000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

急募!?自ら考え学習するMR

MR教育センターがこのほどまとめた「2010年版MR白書〜MRの実態及び教育研修の本調査〜」によると、2010年3月末現在のMR総数は5万9712人(対前年度比1312人増)となり、過去最多を記録しました。

先発医薬品企業が加盟している日本製薬工業協会63社のMR数は2.3%減少しましたが、日本ジェネリック製薬協会(35社)が4.5%増、両協会以外の企業(101社)が40.2%増となり、後発医薬品企業とCSO企業がMR数を増員したことが影響したようです。

MR数よりも気になるのが、MRの継続教育の課題について“解決したい課題”で「自ら考え学習するMRを増やしたい」が81.8%にものぼっていることです。2007年度の同調査では59.0%だったので、自ら考え学習するMRが少なくなっているのかもしれません。

自ら考え学習するMRを増やすには、私が提唱している<シェア・オブ・マインド>が有効です!

MR2009.jpg


mr1120.gif


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind


(2010-11-2)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:MR白書

続きを読む

納税者が納得するビジネスをしよう

今日のユート・ブレーンセミナーから。

「公的保険制度を導入している市場では、製薬企業の売上・利益は公的資金から賄われているという意識が必要。我々は納税者が納得するビジネスをしなければならない」(アストラゼネカ株式会社 代表取締役会長兼社長 加藤益弘氏)

まとめは「アプローチ」11/8号に掲載予定です。


mr1120.gif


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind

(2010-10-28)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

医療費削減.com

http://www.医療費削減.com/ というサイトを見つけました。

健康保険組合へのコンサルティングを手がけている株式会社ウェル・ビーインングが立ち上げたサイトです。

日本の保険者数は3500もあり、世界一多いと指摘されています。

また、健保組合の保険料率は3.12〜9.62%の格差があります。

保険者には医療費をマネジメントする責務があるということを一般に知らしめる上で、このようなサイトの役目は重要でしょうね。


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind

(2010-10-20)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

動画:地域連携パスに参加しよう

9月15日に開催した「2015年のMR像〜『クスリの営業』から『医療のパートナー』へ〜」セミナーでで医療連携とMRの役割について講演した関東中央病院の小泉一行氏は、「医療連携室とMRが協力して仕掛けると、連携パスが早くできる。サポートするだけではなく一緒に作りませんか」と提案しました。

その連携パスについて、面白い動画を見つけたのでご紹介します。





この動画は、岡山プライマリ・ケア学会が「地域連携パス岡山」の利用方法の説明のために製作したそうです。


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind

(2010-9-29)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:ICF

続きを読む

がんチーム医療のこれからを語る

チーム医療に関する良い映像を見つけました。

第1回 「チーム医療とは…」
第2回 「看護師や薬剤師の仕事は変わるか」
第3回 「責任、やりがい、モチベーション」
第4回 「医師主導の医療を変えるには…」
第5回 「意識改革と自身のMission & Vision」 











◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind

(2010-9-24)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





続きを読む

政務官に就任した岡本充功議員が昨年11月に話した内容とは?

岡本充功衆議院議員が厚生労働政務官に就任したことを記念?して、昨年、ユート・ブレーンセミナーでご講演いただいた時に書いた記事を公開します。

誌上セミナー ; 民主党は“職域拡大”を目指す(2009/11/30)

薬価制度改革も混合診療も民主党の中ではコンセンサスを得られていない。2010年度の診療報酬改定をプラス改定にするには、厚生労働省予算を“どこか”切って配分しなければならないと財務省から釘を刺されている─民主党の岡本充功衆議院議員(名古屋大学医学部 非常勤講師)は11月17日に開催されたユート・ブレーンの「民主党政権と医療・医薬品業界への影響セミナー」で医療政策について講演した。

民主党は医師不足の問題を「医師をいかに増やすか?」と「医師の活用をどう考えるのか?」という2つの視点で見ているという。前者については全医師の17.2%まで増えてきた女性医師が働き続けられるような環境づくりを重視したい考えのようだ。

また、勤務医対策には、(1)非常勤医師の常勤化、(2)勤務医の当直の軽減、(3)医療事務職員(医療クラーク)及び医療職員の大幅増員、(4)医療職員の職能分担確立と職域拡大、(5)相対的に医師不足が深刻である診療科の医師の給料の見直し─の5つを挙げた。

このうち、(4)は、中医協でも議論がされている“チーム医療”の促進との絡みもあり、民主党でも重要視しているようだ。職能職域分担の検討として議員立法案では、看護師に同一処方による処方せんの交付、簡単な処置を伴う一部の検査、服薬指導の補助等を分担させ、薬剤師にも、同一処方による処方せんの交付、皮下・皮内・筋肉注射、ワクチンの接種、静脈注射等が盛り込まれている。

大学病院対策では、(1)適切な賃金保障、(2)研究職員、医療クラーク及びコメディカルスタッフの大幅増員、(3)人員配置基準の見直し、(4)大学病院の役割の見直し─を挙げた。

他にも、新しい医師派遣制度の創設を民主党は見通しているという。岡本議員は、臨床研修生のマッチング、一般病院の日当直に対する開業医や大病院の医師の再配分、休業中の医師の社会復帰支援、医局に属さない医師の一般病院への派遣等の機能を実現するため、各都道府県に事務所を持つ“地域医療センター(仮称)”を設置することを想定していることを明らかにした。同センターは、奨学金の支給や研修プログラムの実施、国内留学・海外留学の支援まで行う。

一方、医療費負担のあり方に関して岡本議員は、「医療保険の一元化」(税または保険料として歳入庁が徴収事務を行う。各県に基金を創設し、人口、高齢化率及び地域特性等を考慮して、公平に上限を設定して分配する。各県の保険者機能を発揮させるために、余剰金の使用方法に関しては各県に委ねる。ただし、上限を超えた場合には、その額は、各県の持ち出しとする)を主張した。例として、年収200万円で4人家族では国保で51万円も保険料を支払わなければならない自治体が大阪にあることを紹介(最低は10万円台)。「まずは国保を大きなブロックにして医療保険を一元化したい」とした。



◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind

(2010-9-22)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:岡本充功

続きを読む

10年前の贈収賄事件以来の衝撃

9/21付の日刊薬業が、医療用医薬品製造業公正取引協議会が8/25付で万有製薬に警告を行ったことを報じています。

「警告」レベルの措置は、10年前に繰り広げられた枚方市民病院と製薬企業数社による贈収賄事件以来の衝撃です。

同紙によると、同社の講演会「ジャヌビア ディベート ミーティング」に参加した医師325人に1000万円を支払ったことが“公正競争規約”に相当したとのこと。 

公正競争規約とは、 「不当景品類及び不当表示防止法」に基づき、公正取引委員会の認定を受けた業界の自主規制のこと。医薬品業界での正式名称は「医療用医薬品製造販売業公正競争規約」と言います。

今回、対象となった「自社医薬品の講演会等」については、公正競争規約施行規則に下記のように記載されています。

第4条 規約第5条第5号の自社医薬品の講演会等における景品類の提供については、次のことに留意する。
(1) この「講演会等」とは、説明会、研究会等の名称のいかんを問わず、複数の医療機関等を対象として、自社医薬品に関する説明を行うことを目的とする会合をいう。
(2) 開催地、会場その他開催方法について招待旅行又はきょう応と誤解されないよう留意しなければならない。
(3) 医療機関等の出席者に対してこの会合への出席のために必要な費用(交通費、宿泊費)を提供することは、差し支えない。また、この会合における講演等を依頼した講師等に対して報酬・費用を支払うことは差し支えない。
(4) 会合に附随する華美、過大にわたらない接待は、差し支えない。


つまり、今回のケースでは交通費・宿泊費まではOKなのですが、講演をしていないのに「謝金」を渡したことがアウトとなったようです。

講演会等は、私が提唱しているシェア・オブ・マインド(SOM)、シェア・オブ・ディテーリング(SOD)を高めるファクターとして重要視しているだけに、今回の違反行為は残念でなりません。




参考【医療用医薬品製造販売業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約】
http://www.jfftc.org/cgi-bin/data/bunsyo2/D-1.pdf


参考:シェア・オブ・マインド(SOM)、シェア・オブ・ディテーリング(SOD)の用語解説
⇒ http://bit.ly/cGiB6k

【2010/9/22追記】
ジャヌビア講演会の公正競争規約違反について書いた影響からか、「ジャヌビア 違反」などのキーワード検索で当ブログにアクセスいただく人が増えているようです。DPP-4阻害薬市場は、ノバルティス ファーマの「エクア」と武田の「ネシーナ」が参入したことにより、SOV競争が過熱しています。RepTrackによると、8月のGP市場のディテールランキングをみると、グラクティブ(1位)、エクア(3位)、ジャヌビア(4位)、ネシーナ(7位)となっています。今回の事件が不毛なSOV競争を見直すきっかけになるといいですね


【2010/10/27追記】
日本製薬工業協会の措置への対応について(MSD※万有の新会社によるリリース)

⇒ http://www.msd-japan.com/Documents/hcp/productinfo/101020_2.pdf


mr1120.gif

◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind

(2010-9-21)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2006年度の総保健医療支出は約40兆9960億円

医療経済研究機構はこのほど、『OECDのSHA手法に基づく保健医療支出推計』報告書をまとめました。

OECD(経済協力開発機構)は、医療保険対象外の予防・健康関連サービス、医療制度の運営、設備投資等の費用を含めたSHA(国民保健計算の体系(A System of Health Accounts))を国際データ収集の枠組みとして開発し、マクロな保健医療支出推計の国際比較データの収集及び提供を行っており、我が国においても、高齢化の進展を背景にして、疾病予防や健康管理を重視する施策への転換、国民の健康や医療費に対する関心の高まり等により、これまでの公的医療保険制度に係る医療費推計に加えて、医療保険対象外の予防・健康サービス等の費用を含めた国際比較可能な保健医療支出推計に関する統計の整備の必要性が指摘されています。

厚生労働省では、こうした状況を踏まえて、日本でも保健医療支出推計を公的統計として位置づけることの検討(医療費統計の整備に関する検討会)を始めています。

報告書によると、2006年度の総保健医療支出は約40兆9960億円(対前年度比約460億円増)となりました。このときの国民医療費が33兆1280億円だったので、保健医療支出に占める国民医療費の割合は80.8%です。


◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind

(2010-9-13)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

ポジティブ・ウェルフェアを目指す〜平成22年版厚生労働白書

8/27に平成22年版厚生労働白書が発表されました。

今回のキーワードは、<参加型社会保障(ポジティブ・ウェルフェア)>のようです。

白書によると、ポジティブ・ウェルフェアとは、

・「機会の平等」の保障のみならず、国民が自らの可能性を引き出し、発揮することを支援すること
・働き方や、介護等の支援が必要になった場合の暮らし方について、本人の自己決定(自律)を支援すること(例えば住み慣れた地域や自宅に住み続けられるように支援することなど)
・社会的包摂(Social Inclusion)の考え方に立って、労働市場、地域社会、家庭への参加を保障すること

を目指すものだそうです。

医療介護では、従来の社会保障が
○医師不足や医療機関のネットワーク不足により、救急医療など地域医療の維持が困難な地域がある。入院期間も長く、なかなか退院できない。
○在宅医療・福祉サービスの不足により、住み慣れた地域や家で暮らし続けることが難しい。
であったのに対し、

ポジティブ・ウェルフェアでは、
○救急医療を中心に医療機関の役割分担と連携により、早期に社会復帰、家庭復帰することが可能になる。
○中学校区など一定の区域に在宅医療・福祉サービスを整備し、本人の希望を踏まえて最期まで自宅で暮らすことも可能になる。
を目指します。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/index.html


MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する



(2010-8-27)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

NO COUNTRY FOR OLD MEN



『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』の「はじめに」に映画『ノーカントリー』のことを紹介しました。



☆……………………☆……………………☆
『ノーカントリー』の原題は『NO COUNTRY FOR OLD MEN』です。直訳すると、「高齢者に居場所はない」という意味です。監督であるコーエン兄弟は、長生きしても幸せでないアメリカ社会へのアンチテーゼとして、この作品を世に送り出したのかもしれません。
☆……………………☆……………………☆



今回の高齢者所在不明事件は、すでに日本がNO COUNTRY FOR OLD MENであることに警鐘を鳴らしています。


「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-8-10)


Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

8月からの新しい調整係数と地域医療係数

やっと2010年8月からの新しい調整係数と地域医療係数が告示されましたね。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-125.pdf

ちなみに、8月から健康保険岡谷塩嶺病院が退出したため、DPC対象病院は1390施設となりました。

<追記>2011.3.22
2011年度のDPC調整係数等が告示されました。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-147.pdf

「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-7-30)


Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』
⇒ http://bit.ly/bYI2ma

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



続きを読む

googleが診療報酬に“参入”?

ついに、googleが診療報酬にまで手を出し始めました。

と思ったら、誰かがgoogleのサイトを利用して作ったようです。

まぎらわしいですね。

いずれにしても、もう、診療報酬のコピペ本は売れませんね。
⇒ http://sites.google.com/site/shinryoutensuu2010/

私と木村さんが書いた『2010年度診療報酬改定33のQ&A』はコピペ本ではありません(笑)





「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-7-29)


Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


続きを読む

医療現場でiPadをどう使えばいいの?

7月14〜16日まで東京ビッグサイトで開催された国際モダンホスピタルショウは、3日間で7万9150人の来場者を集めた(出展者は340社)。参加者の多くは会場の約半分のスペースを占めていた“ITによる効率化”に興味があったようだ。

なかでも、iPhoneやiPadを活用しった出展者に多くの人が集まっていた。本誌5月31日号でも紹介した桜新町アーバンクリニックの遠矢純一郎院長を中心とした「iPhoneを活用した在宅医療情報システム」は、”月々数千円で医療情報をチームで共有できるシステム”としてメディアにも数多く取り上げられた。他にも、iPadを展示している出展者に取材したところ、(1)ベッドサイドでの活用、(2)電子カルテ等のビューワーとしての活用、(3)職員の教育ツールとして活用、(4)ナースコールとの連動――などに活用している出展者が目立った。

※続きはMR向けの週刊誌『アプローチ』7月26日号をお読みください。

「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-7-26)


Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

ご意見募集<MRとMSはどのように進化していくのか?>

7/21の無料独演会は、先週の時点で140名以上のお申し込みがあったようです(驚)

詳細と申し込みはコチラ ⇒ http://www.ikss.net/news/index.html#2010051102

最近は、かわった講演依頼をいただくことが多いのですが、優秀なMSさん向けのオファーもいただきました。

せっかくなので、【MRとMSはどのように進化していくのか?】について皆様のご意見をうかがいたいと思い、Facebookの「MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会」にディスカッションページつくりました。

ぜひ、お考えをシェアしていただければ幸いです。

⇒  http://bit.ly/bAbMv3

※Facebookに登録していない方は、このブログのコメント欄にご意見を記入いただければ幸いです。

よろしくお願いします。


「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-7-14)


Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2010年度診療報酬改定MRチェックシート

MR向けの週刊誌『アプローチ』に先月まで掲載していた<2010年度診療報酬改定MRチェックシート>を紹介します。

□ 診療報酬の“3つの役割”を説明できる
□ 診療報酬点数表の仕組みについて説明できる
□ 保険診療における概念図(保険料支払い〜診療報酬の支払い)を説明できる
□ 診療報酬を大幅なプラス改定にできない背景を説明できる
□ 自分の製品と関連する項目について、“対象患者”“算定要件”“施設基準”をいつでも確認できる
□ DPCの樹形図、入院期間T、U等を把握している
□ 得意先の院内掲示の変化を常にチェックしている
□ 得意先にどのような委員会・チームがあるか把握している
□ 特にクリティカルパス(連携パス)委員会の動向はチェックしている
□ 「専従」と「専任」の違いが説明できる
□ 「特別な関係」を説明できる
□ 製品に関連する「チーム」の集まりの前で情報提供をしたことがある
□ 各種入院料について、注射・投薬が包括されているか否かを把握している
□ 後発医薬品使用割合の「分子」と「分母」を変える秘策を説明できる
□ 先発医薬品と後発医薬品の“同等性”について説明できる
□ 得意先が新たに届け出た施設基準を知っている
□ 担当製品が関連する疾患について、地域における患者の流れを把握している
□ 担当製品に関連する診療報酬項目について算定モレがないか得意先に確認している
□ 自社製品と絡めて診療報酬のことを意識して話題にしている
□ 基幹病院の“ヘビーユーザー”(連携患者数が多い医療機関)を把握している
□ 病院担当者は得意先の勤務医負担軽減の取り組みを把握している
□ 担当エリア内の在宅療養支援診療所(病院)を把握している
□ 生活習慣病管理料を積極的に算定している開業医を把握している
□ 担当エリア内で、地域連携診療計画退院時指導料2とがん治療連携指導料を算定している診療所を把握している
□ 地域医療貢献加算を算定している開業医に運用方法をヒアリングした
□ 医療安全性の観点から得意先で採用されなかった新薬、採用から外された製品とその理由を把握している
□ ハイリスク薬の薬学的指導で特に注意すべき事項について説明できる
□ 新薬創出・適応外薬解消等促進加算の「ポイント」と「意義」を説明できる
□ 薬剤部が求める「安全性情報」と「有効性情報」のレベルを把握している
□ 医薬品安全性情報等管理体制加算や感染防止対策加算取得後の変化について、病院に確認している
□ KAM(Key Account Management:多岐にわたる医療関係者に対する一貫したアプローチ等)を意識している
※無断転載はご遠慮ください。 (C)川越満@“コンサナリスト”


「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-7-5)


Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【DPC】“指数”はすべて“係数”に修正!?

厚生労働省は6月29日、3月5日付官報等に掲載された診療報酬改定の関係告示について、訂正事項を事務連絡しました。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-119.pdf

驚いたのは、機能評価係数Uがすべて“〇〇係数”とされていることです。

救急医療係数以外は〇〇指数にするというこだわりがあったはずなのに・・・。

ちょっと驚きました。


「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-6-29)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

7月からDPC病院となる57病院の調整係数&機能評価係数Uリスト

2010年7月から新たにDPC対象病院となる57病院の調整係数&機能評価係数U(地域医療指数を除く)が6月25日に発表されました。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-118.pdf

57病院のうち、最も高い調整係数を得たのは、埼玉東部循環器病院の1.2005でした。

<追記>2011.3.22
2011年度のDPC調整係数等が告示されました。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-147.pdf


「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-6-28)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

医師による薬評価サイト開設へ

今日(6/23)の日経産業新聞の1面に、「医師による薬評価サイト、新薬開発など後方支援」という記事が掲載されています。

medpeer.jpg

同紙によると、医師専門のSNSを運営するメドピアが2010年末までに医師による医療用医薬品の評価サイトを開設するとのこと。

対象となる薬剤は“新薬”ではなく、<一定期間以上使われている医薬品>のようです。

医師から収集した情報を製薬企業に販売するというモデルですね。

こうした生の声はMRのディテーリングメッセージの参考(症例と絡めて)になるかもしれません。

◎シェア・オブ・マインドチェックシートから
(35)ガイドライン、エビデンス、症例について、しっかりと勉強・把握している

「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-6-23)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

産業構造ビジョン2010の医療・介護・健康・子育てサービス

経済産業省の産業構造審議会産業競争力部会は6月1日、「産業構造ビジョン2010」をとりまとめました。


医療・介護・健康・子育てサービスに関する項目はコチラです。

⇒ http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004660/vision2010e.pdf

健康ツーリズム等を活用した国内外の需要開拓はコチラの5枚目です。
医療・介護・高齢者総合サービスは13枚目以降です。
⇒ http://www.meti.go.jp/committee/summary/0004660/vision2010m.pdf



「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-6-7)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

孫さんの医療クラウド構想

SoftBankの孫さんが5/31にGEヘルシーマジネーションデイ2010で講演した内容“医療クラウド構想”が、業界紙Risfaxに紹介されていました。

講演内容はUSTREAMで観ることができます。

「GEヘルシーマジネーションデイ2010 孫社長プレゼン 」


⇒ http://www.ustream.tv/recorded/7352712


「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-6-1)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

iPhoneを利用した情報連携

桜新町アーバンクリニックの遠矢純一郎院長は5月23日に都内で開催されたITヘルスケア学会第4回年次学術大会の中で、「在宅医療におけるiPhoneを利用した情報連携と業務効率化」について発表しました。

内容は「アプローチ」5/31号に掲載予定ですが、iPhone活用については、すでに日経メディカル オンラインに書かれています(要会員登録)。参考まで。

⇒ http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/report/t082/201003/514559.html

先週の月曜日(17日)にiPhoneを買ってから、関連書籍・雑誌を読みまくりましたが、今後、医療界では当たり前のようにiPhoneやiPadが活用されるようになりそうです。

追記:Youtubeに昨年10月15日の記者説明会の様子がありました。



MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会 | ファンページも宣伝する


(2010-5-24)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

MRのためのシェア・オブ・マインド研究会

話題のツイッターよりも、さらにブレイクしそうなFacebookに公式ファンページをつくりました。

「MRのためのシェア・オブ・マインド研究会」です。

MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会

Facebookはじめました

シェア・オブ・マインドの定義や原稿の抜粋などを掲載していますので、ぜひご参加ください。

ちなみに、私の個人ページは下記です。
⇒ http://www.facebook.com/mitsuru.kawagoe


(2010-5-13)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』

タグ:Facebook

続きを読む

MRのための情報誌『アプローチ』新連載開始

私が編集長を務めているMR向けの週刊情報誌「アプローチ」が4月5日号から新年度になりました。

まず、表紙をかえました。イラストレーターとして女性誌などでご活躍中のとげとげさんに書いていただきました。

とげとげさんのサイト⇒ http://www.togetoge.net/

newhyoshimini.jpg

次に、表紙をめくった次の「表2」は、【2010年度診療報酬改定MRチェックシート】を入れました。このシートは3カ月間の限定掲載になります。31個の項目を一つずつクリアできるようにがんばりましょう!

これが数多くチェックできる人は、かなり顧客との信頼関係を築くことができるはずです。

新連載は3人の方にお願いしました。

◎新連載(1)「こんなMRと仕事がしたい」
執筆者:そめや内科クリニック 染谷貴志院長
⇒ http://www.someya-clinic.jp/

◎新連載(2)「MRのデイリーコンサルティング」
執筆者:MR心理コンサルタント 羽二生紗知さん
⇒ http://twitter.com/satinew

◎新連載(3)「新人育成は謎だらけ」
執筆者:Functional Integrator 朝宮さきさん
⇒ http://twitter.com/tomocya_

『アプローチ』のご紹介はコチラ
⇒ http://www.utobrain.co.jp/seminar/periodic/approach/2009/index.shtml

今後の展開をお楽しみに(^▽^)/




(2010-4-5)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』2010年4月15日発売
<2010年度診療報酬改定・明細書発行義務化に完全対応!>
⇒ http://bit.ly/bgdZAE

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【疑義解釈資料】2010年度診療報酬改定

厚生労働省は3月29日、診療報酬改定の疑義解釈資料を事務連絡しました。

疑義解釈資料の送付について(その1)
⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-100.pdf

取り上げられた項目は、以下のとおりです。

地域医療貢献加算については、携帯メール等での対応も電話との併用で認めています。

【地域医療貢献加算】
【明細書発行体制等加算】
【入院基本料】
【入院基本料等加算】
【特定入院料】
【医学管理等】
【在宅医療】
【検査】
【画像診断】
【投薬】
【リハビリテーション】
【精神科専門療法】
【処置】
【手術】
【麻酔】
【病理診断】
【対診・他医療機関の受診】
【特定保険医療材料】
【明細書の発行】
【選定療養】
【その他】
【DPC】
【歯科】
【訪問看護】






(2010-3-29)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」14刷決定!!(累計4万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:疑義解釈

続きを読む

DPC対象病院の新・調整係数と機能評価係数Uリスト

2010年度のDPC対象病院の調整係数並びに機能評価係数Uが3月19日に官報告示されました。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-085.pdf

これによると、DPC対象病院は1334病院となりました。

診断群分類の樹形図(チャート図)はコチラです。
⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-086.pdf

傷病名、手術、処置等及び副傷病名関連はコチラです。
⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-084.pdf

これからチェック・分析して週刊誌「アプローチ」に記事を書こうと思います。

<追記>2011.3.22
2011年度のDPC調整係数等が告示されました。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-147.pdf



☆……………<MR向け勉強会情報>………………☆

■ワクワク自己啓発〜2年に1回のイベントです。

MRのための診療報酬改定セミナー:MBA交流会4月例会

今回は2年に1回は必ず行なう診療報酬改定の最新情報の共有です。
いつものごとく川越満氏と木村憲洋氏の最強コンビにて今回のポイントを分かりやすく解説して頂きます。

診療報酬改定を端から端まで読んでいたら時間がかかってしようがありません。

今回の改定の意味、改定された場所の特定をたった2時間で理解することが出来ます。

毎回定員オーバーになる人気講演です。お早目のお申込みをお願い致します。

日時:平成22年4月3日(土)15:00〜17:30
懇親会 18:00〜

会費:3000円(懇親会費 割り勘)

会場:交渉中(東京都内)

定員:50名

===========申込フォーム===========
お名前
会社名
メールアドレス
携帯番号
============================

申し込みはこのアドレスまでメールでご返信下さい。
MR-NET事務局 → office@mr-net.org



(2010-3-19)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)← 3/29に新版発売決定
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534046952/26shot9com-22

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

後発医薬品企業1社のミスが及ぼす影響



大洋薬品工業の高山工場による主成分ファモチジンの調合ミスは、後発医薬品業界全体にマイナスの影響を及ぼすかもしれません。

『<イラスト図解>病院のしくみ』の156ページに、ゲーム理論の「中古車市場」とジェネリック医薬品(後発医薬品)についての比較を書いています。



信頼性の低い商品が一定割合を超えると、誰も中古車を買わなくなるという理論ですが、後発医薬品市場の場合は1社・1剤でもこういうことがあると、安全性を重視する医療現場に後発医薬品全体が敬遠されかねません。

<追記>先発医薬品企業にももちろん、回収等の問題が発生します。しかし、先発医薬品企業の場合は、個々の企業に厳しい目が向けられる一方、後発医薬品企業の場合は、generic(包括的な)という名のとおり、“連帯責任”のようなイメージとして捉えられてしまうという宿命があります。

☆……………<MR向け勉強会情報>………………☆

■ワクワク自己啓発〜2年に1回のイベントです。

MRのための診療報酬改定セミナー:MBA交流会4月例会

今回は2年に1回は必ず行なう診療報酬改定の最新情報の共有です。
いつものごとく川越満氏と木村憲洋氏の最強コンビにて今回のポイントを分かりやすく解説して頂きます。

診療報酬改定を端から端まで読んでいたら時間がかかってしようがありません。

今回の改定の意味、改定された場所の特定をたった2時間で理解することが出来ます。

毎回定員オーバーになる人気講演です。お早目のお申込みをお願い致します。

日時:平成22年4月3日(土)15:00〜17:30
懇親会 18:00〜

会費:3000円(懇親会費 割り勘)

会場:交渉中(東京都内)

定員:50名

===========申込フォーム===========
お名前
会社名
メールアドレス
携帯番号
============================

申し込みはこのアドレスまでメールでご返信下さい。
MR-NET事務局 → office@mr-net.org



(2010-3-17)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)← 3/29に新版発売決定
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534046952/26shot9com-22

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

薬を取りそろえる前にしなければならない10の確認

昨日に引き続き調剤報酬改定関連をおひとつ。

改定通知のなかから「薬剤服用歴管理指導料」の項目を読んでみると、薬剤服用歴に記載する項目に、“後発医薬品の使用に関する患者の意向”が追加されたほか、下記の「エからスまでの事項については、処方せんの受付後、薬を取りそろえる前に、患者等に確認するよう努めること」と明記されています。

薬をそろえる前にしなければいけないということで、薬局業務のプロセスを変えなければならないところが多いのではないでしょうか?「努めること」なので、義務ではなさそうですが。


(3) 薬剤服用歴管理指導料を算定する場合は、薬剤服用歴の記録に、次の事項等を記載する。
ア:氏名・生年月日・性別・被保険者証の記号番号・住所・必要に応じて緊急時の連絡先等の患者についての記録
イ:処方した保険医療機関名及び保険医氏名・処方日・処方内容等の処方についての記録
ウ:調剤日・処方内容に関する照会の要点等の調剤についての記録
エ:患者の体質・アレルギー歴・副作用歴等の患者についての情報の記録
オ:患者又はその家族等からの相談事項の要点
カ:服薬状況
キ:患者の服薬中の体調の変化
ク:併用薬等(一般用医薬品、医薬部外品及びいわゆる健康食品を含む。)の情報
ケ:合併症を含む既往歴に関する情報
コ:他科受診の有無
サ:副作用が疑われる症状の有無
シ:飲食物(現に患者が服用している薬剤との相互作用が認められているものに限る。)の摂取状況等
ス:後発医薬品の使用に関する患者の意向

セ:服薬指導の要点
ソ:指導した保険薬剤師の氏名

☆……………<MR向け勉強会情報>………………☆
主催:MR-NET

■ワクワク自己啓発〜2年に1回のイベントです。

MRのための診療報酬改定セミナー:MBA交流会4月例会

今回は2年に1回は必ず行なう診療報酬改定の最新情報の共有です。
いつものごとく川越満氏と木村憲洋氏の最強コンビにて今回のポイントを分かりやすく解説して頂きます。

診療報酬改定を端から端まで読んでいたら時間がかかってしようがありません。

今回の改定の意味、改定された場所の特定をたった2時間で理解することが出来ます。

毎回定員オーバーになる人気講演です。お早目のお申込みをお願い致します。

日時:平成22年4月3日(土)15:00〜17:30
懇親会 18:00〜

会費:3000円(懇親会費 割り勘)

会場:交渉中(東京都内)

定員:50名

===========申込フォーム===========
お名前
会社名
メールアドレス
携帯番号
============================

申し込みはこのアドレスまでメールでご返信下さい。
MR-NET事務局 → office@mr-net.org



(2010-3-10)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)← 3/29に新版発売決定
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534046952/26shot9com-22

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

後発医薬品の数量ベースを増やす裏技?

今回の調剤報酬改定における後発医薬品促進策のひとつに、“含量規格の異なる後発医薬品への変更”があります。

例えば、処方せんに記載された先発医薬品の10mg錠1錠に代えて後発医薬品の5mg錠2錠を調剤することが認められるわけですが、1錠が2錠になることにより、“後発医薬品の数量割合のカウント”はどうなるのか?ということが気になりますよね。倍になるわけですから、後発医薬品調剤体制加算の取得にも大きく影響するはずです。

これについて厚生労働省の担当官は、後発医薬品を調剤した数をカウントすると回答しています(3月5日に開催された改定説明会における質疑応答)。

これにより、調剤薬局が含量の小さな品目を必要以上に備蓄するといった、モラルハザードが起きないことを祈るばかりです。

【参考】含量規格の異なる後発医薬品への変更
 「後発医薬品への変更不可」欄に署名等のない処方せんを受け付けた薬局において、
(1)変更調剤後の薬剤料が変更前と同額又はそれ以下であり、かつ、
(2)患者に説明し同意を得ること
を条件に、処方医に改めて確認することなく、処方せんに記載された先発医薬品又は後発医薬品と含量規格が異なる後発医薬品の調剤を認めることとする。
(注)規格の違いにより効能・効果や用法・用量が異なる品目については、対象外とする。
(注)例えば、処方せんに記載された先発医薬品の10mg錠1錠に代えて後発医薬品の5mg錠2錠を調剤すること。



(2010-3-9)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)← 3/29に新版発売決定
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534046952/26shot9com-22

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

新薬創出加算の対象品目リスト

“メダル”獲得数トップは、グラクソ・スミスクライン(GSK)、2位はファイザー、3位はアステラス--厚生労働省は3月5日に、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象となった対象品目リスト、加算を受けた会社リスト等を公表しました。

加算獲得数の企業別上位ランキングをみると、30成分・58品目で加算を獲得したGSKを筆頭に、上位10社中9社が外資系企業となっています。

後発医薬品のない先発医薬品全体に占める新薬創出・適応外薬解消等促進加算対象の品目の割合は約33%、薬剤費に占める後発医薬品のある先発医薬品の割合は約36%となっています。

◎新薬創出等加算対象品目リスト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-071.pdf
◎加算を受けた会社は89社。そのうち、加算を受けた品目を5つ以上もつ会社リスト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-072.pdf
◎2.2%追加引下げの対象成分リスト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-073.pdf
◎特例引下げ対象品目リスト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-074.pdf
◎市場拡大再算定品目リスト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-075.pdf
◎小児・希少疾病・真の有用性検証加算対象品目リスト
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/dl/index-076.pdf

新薬創出・適応外薬解消等促進加算については、週刊誌「アプローチ」にもご執筆いただいている井高恭彦さんが3月5日に『新薬創出加算と医薬品業界 仕組みと影響の解明』を出版されました。



私の新刊『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』(3月30日発売)もよろしくお願いします!



(2010-3-8)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)← 3/26に新版発売決定

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

YouTube×診療報酬改定

本日(3/5)、平成22年度(2010年度)診療報酬改定の説明会が開催されたのですが、驚いたことに、YouTubeにその模様がアップされています。

http://www.youtube.com/watch?v=nDRD5gTq8wk

ちなみに、話しているのは、厚生労働省の佐藤敏信・保険局医療課長です。

<つづき>
診療報酬改定説明(医科)佐々木課長補佐
⇒ http://www.youtube.com/watch?v=Ia3NpUeyQ0M

診療報酬改定説明(DPC)長谷川課長補佐
⇒ http://www.youtube.com/watch?v=sChjRaYgJ1s

診療報酬改定説明(調剤・薬価)田宮課長補佐
⇒ http://www.youtube.com/watch?v=Mv5tnLplmXA

質疑応答(佐々木課長補佐、長谷川課長補佐、田宮課長補佐)
⇒ http://www.youtube.com/watch?v=uBdqLqPN8DA

資料・通知関係はコチラからどうぞ。
⇒ http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken12/setumei.html




(2010-3-5)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)← 3/26に新版発売決定

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

新薬創出加算で懸念される2つの問題

新薬創出・適応外薬解消等促進加算に関する情報ニーズが高いですね。日本製薬工業協会が解説しているもののなかから、ポイントをピックアップしてご紹介します。製薬企業は、特許期間中の新薬の薬価が維持(加算)されることで、より早く次の開発原資を得ることができると説明されています。

【目的】
後発医薬品が上市されていない新薬のうち、一定の要件を満たすものについて、後発医薬品が上市されるまでの間、市場実勢価格に基づく薬価の引下げを一時的に緩和することにより、革新的な新薬の創出を加速させるともに、喫緊の課題となっている適応外薬等の問題解消を促進させます。

【対象となる医薬品】
◎後発医薬品が上市されていない新薬(ただし薬価収載後15年まで)
◎市場実勢価格と薬価に対する乖離率が全既収載医薬品の加重平均乖離率を超えないもの

【具体的内容】
対象となる医薬品は、薬価改定時に、市場実勢価格に基づく算定値に対して次の加算を行います。(改定前の薬価が上限)
「加重平均乖離率(8.38%)−2%」×0.8=5.10%

【患者さん・国民のメリット】
◎治療難度の高い疾患に対する革新的新薬の創出が加速します。
◎欧米諸国と同じく迅速に、いち早く革新的な新薬による治療が可能になります。
◎未承認薬・適応外薬など必要とされる医薬品の開発が進展します。
◎国内における研究開発の更なる活性化により、経済発展に寄不します。
◎良質で廉価な後発医薬品の使用促進により、患者さん(国民)の負担軽減に繋がります。

新薬創出・適応外薬解消等促進加算が医薬品流通で懸念されることは、医療機関・調剤薬局側の“不理解”(薬価が維持されるなら、薬価差がたくさんもらえるんじゃないか?等)による混乱と、価格を維持するのか、それともシェア拡大を図るのか?で製薬企業と医薬品卸の間に亀裂が入ることです。どちらも起きそうですが・・・。




(2010-3-4)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)← 3/26に新版発売決定

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2/25の講演資料完成!

2/25診療報酬改定セミナーの講演資料がようやく完成しました!

フランスの会社に買収されたということで、レジメはフランス料理のフルコースにしてみました(笑)

1.食前酒   ⇒ まくら
2.オードブル ⇒ 医薬品業界の環境変化
3.スープ   ⇒ 2010年度改定のポイント
4.魚料理  ⇒ 医薬品関連改定項目
5.肉料理  ⇒ DPC改革とその対応策
6.ソルベ   ⇒ 薬剤マネジメントと経営管理
7.ロースト  ⇒ チーム医療
8.サラダ   ⇒ がん対策
9.チーズ  ⇒ 連携の具体例
10.ケーキ  ⇒ 貴社MRはチーム医療に加入できるか?
11.フルーツ  ⇒ KAM
12.コーヒーまたは紅茶  ⇒ 今後のMR活動、医薬品マーケティング重要な2つのキーワード

☆……………………☆……………………☆

【2】「2010年度診療報酬改定33のQ&A」 診療報酬解説書籍の発売予告!
得意先の経営を読んだMR・MS活動の実践をサポート
医療制度改革・医科、調剤・DPCの仕組みをわかりやすく解説
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎書籍のポイント
※聴くだけで診療報酬解説のポイントが理解できる<音声CD>付き
・2010年4月改定のポイントをわかりやすく解説
・医療機関がどう動くか、MRはどうしたら良いかがわかる
・「1項目3分」で理解できるQ&A方式

◎著者
◆セジデム・ストラテジックデータ株式会社 ユート・ブレーン事業部
              企画編集部 コンサナリスト 川越 満
◆高崎健康福祉大学健康福祉学部 医療福祉情報学科 講師
               木村 憲洋先生

┌◆◇◆◇ 定価・発行日・体裁 ───────────────
│発 行:2010年4月初旬(予定)
│体 裁:A5版・本文140頁
│価格:定価 2,340円(消費税込み)※10冊以上のお申し込みは割引あり!
└──────────────────────────────◆◇◆◇

※お申し込み方法含め詳細は近日中にご案内させていただきます。


(2010-2-22)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)← 3/26に新版発売決定

ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

ベールを脱いだ2010年度診療報酬改定

本の執筆で忙しい日々を過ごしております。

本日2/12に2010年度診療報酬改定が答申されました。

資料はコチラのサイトからダウンロードできます。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/02/s0212-4.html

各資料の中身は、以下のようになっています。

資料(総−1)「平成22年度診療報酬改定について」←これがメイン
資料(答申書)
別紙1 全体の改定部分の点数表
別紙2「訪問看護療養費に係る指定訪問看護の費用の額の算定方法」
別紙3「特定入院料とDPC」
別紙4「保険医療機関及び保険医療養担当規則」
別紙5「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」
別紙6「高齢者の医療の確保に関する法律の規定による療養の給付等の取扱い及び担当に関する」
資料(総−2−1)「薬価算定の基準について」
資料(総−2−2)「医療用医薬品の薬価基準収載等に係る取扱いについて」
資料(総−3−1)「特定保険医療材料の保険償還価格算定の基準について」
資料(総−3−2)「医療機器の保険適用等に関する取扱いについて」

☆……………………☆……………………☆

『2010年度診療報酬改定33のQ&A』 診療報酬解説書籍の発売予告!
得意先の経営を読んだMR・MS活動の実践をサポート
医療制度改革・医科、調剤・DPCの仕組みをわかりやすく解説
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◎書籍のポイント
※聴くだけで診療報酬解説のポイントが理解できる<音声CD>付き
・2010年4月改定のポイントをわかりやすく解説
・医療機関がどう動くか、MRはどうしたら良いかがわかる
・「1項目3分」で理解できるQ&A方式

◎著者
◆セジデム・ストラテジックデータ株式会社 ユート・ブレーン事業部
              企画編集部 コンサナリスト 川越 満
◆高崎健康福祉大学健康福祉学部 医療福祉情報学科 講師
               木村 憲洋先生

┌◆◇◆◇ 定価・発行日・体裁 ───────────────
│発 行:2010年4月初旬(予定)
│体 裁:A5版・本文140頁
│価格:定価 2,340円(消費税込み)※10冊以上のお申し込みは割引あり!
└──────────────────────────────◆◇◆◇

※お申し込み方法含め詳細は近日中にご案内させていただきます。



【2/25医薬品企業向け診療報酬改定セミナーの決定版!】
⇒ http://consunalist.seesaa.net/article/138206794.html

(2010-2-12)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


続きを読む

2010年度診療報酬改定の“骨子案”

1/15に開催された中医協総会では、2010年度診療報酬改定の“骨子案”が示されました。

急性期入院では、「〇〇を引き上げる」という文言が目立っています。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/shingi/2010/01/s0115-6.html

【2/25医薬品企業向け診療報酬改定セミナーの決定版!】
⇒ http://consunalist.seesaa.net/article/138206794.html


(2010-1-16)


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

続きを読む

川崎幸病院の緩和ケアチーム

私の仕事の一つに、「製薬企業が得意先に配布する情報紙の編集」があります。

おかげさまで、デザイン以外の作業をすべて一人でこなす手法が企業様と取材対象の先生方に好評を得ています。

先日、取材でお世話になりました川崎幸病院の高橋保正外科医長のホームページとブログに、私が手がけた記事が紹介されていますので、“緩和ケアチーム”に興味がある方は、ぜひチェックしてみてください。


<高橋保正先生のホームページ>

http://smile-again.net/palliativecareteam.html

<高橋保正先生のブログでもご紹介いただきました>

http://blog.smile-again.net/?day=20100108

(2010-1-12)

Copyright (c) 2010 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


続きを読む

プラス0.19%という小さなクリスマスプレゼント

2010年度診療報酬改定の改定率が決まりました。

やはり、改定幅は小幅になりましたが、注目されるのは、その中でも入院は+3.03%とされていることです。開業医と調剤薬局には厳しい改定になりそうですね。

<2010年度診療報酬改定について>

全体改定率 +0.19%

■診療報酬改定(本体):改定率 +1.55%

◎各科改定率
医 科 +1.74%
 入院 +3.03%
 外来 +0.31%
歯 科 +2.09%
調 剤 +0.52%


■薬価改定等:改定率 ▲1.36%

薬価改定 ▲1.23%(薬価ベース ▲5.75%)
材料価格改定 ▲0.13%


(2009-12-24)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

薬剤師が選ぶ製薬企業イメージ調査ランキングレポート2009

ネグジット総研はこのほど、『薬剤師が選ぶ製薬企業イメージ調査ランキングレポート2009』をまとめた。

同レポートは、全国の保険薬局勤務薬剤師300名と病院勤務薬剤師150名に対し、製薬企業の情報提供やトラブル対応等のイメージを調査し、まとめたもの。

調査は2009年11月30日〜12月3日。インターネットで実施した。主な結果は以下のとおり。

◆薬局・薬剤師に対する情報提供が充実しているメーカーメーカーは?
 薬局勤務薬剤師「第一三共」
 病院勤務薬剤師「第一三共」

◆トラブル対応が早いイメージのメーカーは?
 薬局勤務薬剤師「アステラス製薬」
 病院勤務薬剤師「第一三共」

◆営業・販売力の強いイメージのメーカーは?
 薬局勤務薬剤師「武田薬品」
 病院勤務薬剤師「武田薬品」

なお、このレポートは『薬剤師が選ぶ製薬企業イメージ調査ランキングレポート2009』として50,000円(税別・送料込み)で販売するという。

詳しくは⇒ http://www.yakuzaishi-di.net/pharmaceutical_company/

(2009-12-21)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

調剤チェーンの寡占化が医薬品卸機能を無力化する?

12月8日にユート・ブレーンセミナー「流通改善と医薬品卸経営・MS機能の今後の展望セミナー」が開催されました。

セミナーのポイントは、週刊誌「アプローチ」の12月21日号に紹介しますが、記事に書ききれなかった内容について、ここで触れておきます。

日本調剤の深井克彦取締役薬剤本部長は「薬局から見た医薬品流通の現状と今後」について講演し、最後に同社の今後の戦略として、次の7つを挙げました。

(1)徹底したIT化による市場分析

(2)徹底した思想統制

(3)徹底した流通コストカットの提案

(4)メーカー・卸との患者アドヒアランス向上への取組み

(5)メーカー・卸へのインテリジェンスフィー

(6)店舗プロモーション活動

(7)医療総合コンシェルジュ

深井氏は、「商的流通、情報、財務管理、市場管理機能といった卸機能は、薬局によって、必ずしも必要ではない」と指摘していましたが、同社のような調剤チェーンが勢力を拡大するほど、医薬品卸の機能の必要性が問われることになりそうです。


「アプローチ」の紹介。
⇒ http://www.utobrain.co.jp/seminar/periodic/approach/2009/index.shtml


(2009-12-10)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

気分障害の外来患者が12年で2.1倍に増加

ヤフーニュースに「うつ病100万人超す、10年で2・4倍に」と出ていましたが、元ネタは厚生労働省の「2008年患者調査の概況」です。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/index.html

外来に絞って推計患者数(調査日当日に、病院、一般診療所、歯科診療所で受療した患者の推計数)をみると、1996年から2008年の12年間で倍増しているのは、「気分[感情]障害(躁うつ病を含む)」だけでした。ちなみに、悪性新生物は23.1%増でした。

詳細は、週刊誌「アプローチ」の12月14日号に紹介します。

「アプローチ」の紹介。
⇒ http://www.utobrain.co.jp/seminar/periodic/approach/2009/index.shtml


(2009-12-4)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:患者調査

続きを読む

驚きの「新薬創出・適応外薬解消等促進加算」案を提示

厚生労働省は12月2日に開催された中医協・薬価専門部会に、薬価維持特例制度に代わる“新薬創出・適応外薬解消等促進加算”を導入するという、驚きの案を出してきました。

新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象となる新薬は、

(1)後発医薬品が上市されていない新薬(ただし、薬価収載後15年まで)
(2)市場実勢価格の薬価に対する乖離率が、全収載品の加重平均乖離率を超えないもの
(3)配合剤のうち、薬価収載後15年を超えた成分または後発医薬品が上市されている成分を含むものは除く

とされています。

基本的な考え方は薬価維持特例制度と変わりなく、加算の対象となる期間の価格は維持されますが、違うのは、後発医薬品が収載される時の後発医薬品の薬価ですかね。

新薬創出・適応外薬解消等促進加算では、後発医薬品の薬価を新薬の薬価から改定猶予分を引いた価格に0.7倍した価格となるので、後発医薬品発売時の先発医薬品と後発医薬品の“価格差”が大きくなります。

厚生労働省によると、この新薬創出・適応外薬解消等促進加算導入は2010年度限りの措置であり、その後は状況を見て決めるそうです。

(2009-12-2)

新薬創出加算で懸念される2つの問題(2010-3-4)
⇒ http://consunalist.seesaa.net/article/142749183.html

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

長期収載品の薬価引き下げで後発医薬品メーカーは経営危機を迎える

11日の行政刷新会議の第2ワーキンググループでは、長期収載品の薬価を見直す方向で話がまとまりました。

このことは、長期収載品の薬価引き下げが確実になったことを意味しますが、長期収載品の薬価を引き下げすぎると、長期収載品と後発医薬品の価格差が縮小するため、後発医薬品の市場拡大にブレーキがかかることになります。

厚生労働省は、大きなジレンマを抱えることになりました。

彼らには、この言葉を送りたいと思います。

「戦術のミスは戦略で取り戻せるが、戦略のミスは戦術では取り戻せない」

参考:行政刷新会議のサイト
⇒ http://www.cao.go.jp/sasshin/index.html

(2009-11-12)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2010年度診療報酬改定審議

つぶやき投稿サイトの「Twitter(ツイッター)」にハマっています。最初は友人の「つぶやき(ツイート)」を読むことを楽しみにしていましたが、いまでは語学や業界ニュースなどの貴重な情報源となっています。

例:医療仲間の集合場所
⇒ http://twitter.com/ofaafo

ちなみに、私はここにいます。
⇒ https://twitter.com/Consunalist

さて、中医協で2010年度診療報酬改定の審議が始まりましたね。

内容はここでチェックできます。

中医協・診療報酬基本問題小委員会
⇒ http://www.mhlw.go.jp/shingi/chuo.html#kihon

MR向けの情報誌『アプローチ』では、随時、2010年度改定に向けた情報を紹介していきます!

⇒ http://www.utobrain.co.jp/seminar/periodic/approach/2009/index.shtml

(2009-11-9)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

『エコノミスト』臨時増刊11/16号“お金の研究”

11月2日(月)に発売される『エコノミスト』臨時増刊11/16号に私の原稿が掲載されています。

091031economist.JPG

⇒ http://mainichi.jp/enta/book/economist/

臨時増刊号のテーマは“お金の研究”。

Part1:生活資金
Part2:医療にかかるお金
Part3:介護にかかるお金
Part4:年金で大丈夫か
Part5:預金からEFT
Part6:FXの安全投資術
Part7:ネットで副収入

という構成になっています。

私は「Part2:医療にかかるお金」の最初の「医療費のABC」を書きました。『<イラスト図解>医療費のしくみ』のショートバージョンという感じに仕上がっています。

他のコーナーも読みましたが、まさにお金を考える一冊です。面白いですよ☆

(2009-10-31)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」4刷決定!!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

『月刊マネジメントスクエア』2009年11月号に掲載されました!

ちばぎん総合研究所が発行している経営情報誌『月刊マネジメントスクエア』2009年11月号に私の原稿が掲載されています。

chibagin.jpg

同誌は、主な会員である中小・中堅企業の経営者・管理者層ほか、地方自治体の首脳陣に向け、国内外および千葉県に関する情報を発信している情報誌です。

私が書いたテーマは「制度改革によってふるいにかけられる中、勝ち残りを探る病院」

です。6000字くらい書きましたので、読み応えがあると思います。

機会があれば、ぜひ!お読みください。

『月刊マネジメントスクエア』の紹介
⇒ http://www.crinet.co.jp/members/managesq/index.html

ちなみに、今回の執筆依頼は、このサイト経由でした☆

(2009-10-30)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。


☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【MR100周年】2012年に一大イベント開催か!?

「愛とは、互いに見つめ合うことではなく、 共に同じ方向を見つめることである」
 (フランスの小説家、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ)

3年後の2012年に“MR”という職種が生まれて100周年を迎えます。MR教育センターでは、何か一大イベントを考えはじめたようです。楽しみですね。

「MRが登場したのは1912年(明治45年)のことです。スイス・ロシュ社のルドルフ・エベリング博士が来日し、医師に対する科学的なアプローチ方法を日本に伝えました。ルドルフ博士が主要都市の大学病院で講演した影響もあり、ロシュ製品の優秀性が広く浸透していきました。(中略) 戦後の1950年代は、医療現場の情報不足が顕著であり、MRは訪問を心待ちにされていたそうです。まさに、薬物療法のパートナーでした。この関係性が崩れたきっかけは、1961年に導入された国民皆保険制度です」(井上良一氏からのヒアリングによる)

(2009-10-28)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆4刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

利益を最大化できる間は、企業はMR数を増やす

医薬情報担当者(MR)教育センターが21日発表した「平成21年版 MR白書『平成20年度MRの実態および教育研修の変動』」によると、MR総数は前年比4.2%増の58400人と、“予想外”の増加となりました。

特に女性MR数は618人(9.9%)の増加となっており、女性の比率は12%になりました。

1年間で約2400人も増加した背景として、MR教育センターでは、(1)生活習慣病関連製品のコール数増強、(2)領域(がん、リウマチ、中枢神経系等)専門MRを有する企業の増加、(3)ジェネリック医薬品の情報活動強化など--としています。

MR数の推移

MR数がなぜ増えたのか?ということについて意見はいろいろとあると思います。企業は利益を最大化できるまで、MRを増やすでしょう。「配合剤」の発売が“MRバブル崩壊”の時期をズラしたことは間違いなく、製薬企業以外のプレイヤーは、配合剤のようなライフサイクルマネジメントを問題視するようになることが予想されます。

(2009-10-21)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

『ニッチなロングセラー作家出版戦略セミナーDVD』
⇒ http://www.egroove.co.jp/shuppan/

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

SFE2009コメント集

10月7、8日に都内で開催された「Sales Force Effectiveness Summit Japan 2009」のコメント集をまとめました。

「MRにとって役に立つKPIをもう一回考えないといけない」

二之宮義泰氏(アボットジャパン株式会社 取締役副社長)

「MR1人当たり2.5億円の売上が理想」

「多品目育成は、卸協同マーケティングが不可欠で、処方医訪問が必須」


田龍三氏(第一三共株式会社 取締役 専務執行役員)

「スイスではコールの60%がムダになっている。このムダはゼロではなく“マイナス”だ」

Wayne Paterson氏(メルクセローノ株式会社 代表取締役社長)

「MRの情報提供時間と処方意向は比例する。アポイントをとるとさらに処方意向は高まる」

浦川誠氏(Synovate Healthcare SFE Business Development Group)

「MRのレベルに企業間の差はないから、日本においてベスト企業へ成長できるチャンスは大いにある」

Martin Armstrong氏(ノバルティス ファーマ株式会社 Executive Officer Commercial Operations)

「コディオのawarenessは、ディテール数が同じにもかかわらず、同時発売の競合品を上回った」

青野吉晃氏(ノバルティス ファーマ株式会社 医薬品事業本部 営業本部 執行役員 本部長)

「我々はマニュアルタイプMRの増殖に加担してきたのかもしれない」

早川勝夫氏(日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 能力開発部 統括部長)

「課長は自分の言動がMRにどう受け止められているかを知ることが、能力開発の動機付けにつながる」

「ニーズを把握する前に、税務署の職員のような質問をするMRが増えた」


野崎浩司氏(ヤンセン ファーマ株式会社 営業本部 営業人事統括部 部長)

「プライマリケアと同じメジャーで計測することは、スペシャリティー・ケアのビジネスモデルを陳腐化させる」

岡本滋氏(ファイザー株式会社 スペシャリティー・ケア・グループ 営業統括部長)

「スペシャリティー・ケアのMRは、相手から聞き出すことがより重視される」
進士晃氏(味の素ファルマ株式会社 常務取締役 営業・マーケティング担当)

(2009-10-14)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

『ニッチなロングセラー作家出版戦略セミナーDVD』
⇒ http://www.egroove.co.jp/shuppan/

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:eyeforpharma

続きを読む

すべての製薬企業がコール数を半分にしたらどうなるか分かりますか?

10月7、8日に都内で開催された「Sales Force Effectiveness Summit Japan 2009」に参加してきました。

2日間の中で、私の心に最も刺さった言葉は、ノバルティス ファーマのMartin Armstrongさん(Executive Officer Commercial Operations)による次の言葉でした。

「すべての製薬企業がコール数を半分にしたらどうなるか分かりますか?」



「シェア・オブ・ボイス(SOV)は変わらないんです」


そのとおりなんです。シェア・オブ・ボイスの世界は、顧客のことはまったく関係なしに、製薬企業間の相対評価でしか見ていません。

この状況を変化させるために、今後はシェア・オブ・マインド(SOM)に加えて、キー・アカウント・マネジメント(KAM)の概念を広げていきます!

(2009-10-10)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

『ニッチなロングセラー作家出版戦略セミナーDVD』
⇒ http://www.egroove.co.jp/shuppan/

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:KAM

続きを読む

メディカル業界、有効求人数が前年比117%に。(全体は前年比42%)

転職支援大手のリクルートエージェントから面白いデータが発表されました。

☆……………………☆……………………☆

「メディカル業界、有効求人数が前年比117%に。(全体は前年比42%)」

2009年8月現在のリクルートエージェント全体における有効求人数は、不景気の影響で34,934人と前年比42%となっていますが、メディカル業界の有効求人数は4,736人で前年比117%の高い伸び率となっています。

--なぜ、この不景気に、メディカル業界が堅調な伸びを示しているのでしょうか。

例えばMRは、相次ぐ新薬の発売や海外企業の日本法人設立、特許権消滅によるジェネリック薬品の台頭などが、求人数を押し上げる主たる要因であると言えます。また、薬剤師も学部6年制移行の影響により、2009年から2010年に掛けて、新卒の薬剤師が存在しない状況が続くため、この2年間だけで約13,000人の薬剤師が不足するとも言われています。このようにメディカル業界においては、いま人材を採用しなければならない理由があるのです。

☆……………………☆……………………☆

メディカル業界の求人が増えているという“チャンス”を生かすために、同社では5領域(薬剤師・MR・看護師・臨床開発職・医療機器業界)の転職情報サイトを9月30日にオープンしました。

■1. 薬剤師の転職情報
http://www.r-agent.co.jp/guide/market/topics/detail/yakuzaishi.html
■2. MRの転職情報
http://www.r-agent.co.jp/guide/market/topics/detail/mr.html
■3. 看護師の転職情報
http://www.r-agent.co.jp/guide/market/topics/detail/kangoshi.html
■4. 臨床開発職の転職情報
http://www.r-agent.co.jp/guide/market/topics/detail/rinsho.html
■5. 医療機器業界の転職情報
http://www.r-agent.co.jp/guide/market/topics/detail/iryokiki.html

(2009-10-05)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

勤務医の12 人に1人はうつ状態 ← 医師が元気に働くための七か条

日本医師会は9月2日の定例記者会見で、『医師が元気に働くための七か条』と『勤務医の健康を守る病院七か条』を提示しました。

<医師が元気に働くための七か条>

その1:睡眠時間を充分確保しよう


その2:週に1日は休日をとろう


その3:頑張りすぎないようにしよう


その4:「うつ」は他人事ではありません


その5:体調が悪ければためらわず受診しよう


その6:ストレスを健康的に発散しよう


その7:自分、そして家族やパートナーを大切にしよう

<勤務医の健康を守る病院七か条>

その1:医師の休息が,医師のためにも患者のためにも大事と考える病院


その2:挨拶や「ありがとう」などと笑顔で声をかけあえる病院


その3:暴力や不当なクレームを予防したり,組織として対応する病院


その4:医療過誤に組織として対応する病院


その5:診療に専念できるように配慮してくれる病院


その6:子育て・介護をしながらの仕事を応援してくれる病院


その7:より快適な職場になるような工夫をしてくれる病院

⇒ http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20090902_31.pdf

(2009-9-3)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

薬局薬剤師の降圧剤評価はノルバスクが圧勝!

薬局薬剤師が最も評価している降圧剤は、ノルバスク!

ネグジット総研は9月2日、『降圧剤の服薬指導と製品評価に関する実態調査』の結果概要を発表した。

調査は、全国の降圧剤を備蓄している保険薬局に勤務している薬剤師250名を対象にインターネット調査を実施したもの。調査期間は2009年3月5〜9日。

「降圧剤全般で効果、副作用、患者さんの評価など薬剤師として総合的に判断して評価できる製品を1位から3位までお答え下さい」という問いの回答を集計した結果、総合ランキングではノルバスクが“圧勝”。2位はディオバンだった。

<総合ランキング>
1位:ノルバスク
2位:ディオバン
3位:ブロプレス
4位:アムロジン
5位:オルメテック
6位:ミカルディス
7位:アダラート
8位:プレミネント
9位:ニューロタン
10位:カルブロック

また、「高血圧患者の服薬コンプライアンス向上に向けて、個人または薬局単位で何か独自の取り組みを行っていますか?」という問いに、「行っている」と答えた薬剤師は、わずか24.4%だった。

なお、同調査の詳細な結果は、『降圧剤の服薬指導と製品評価に関する実態調査』84000円(税込み・送料込み)で販売されています。

詳しくは ⇒ http://www.yakuzaishi-di.net/pharmaceutical_company/


(2009-9-2)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

2007年度 病院経営管理指標

MRのための週刊誌「アプローチ」8月31日号の「すぐわかるニュース解説・病院の経営指標を見よう」で取り上げた「2007年度病院経営管理指標」のデータは、こちらからゲッツできます。

⇒ http://www.mhlw.go.jp/za/0812/d14/d14.html


MRのための週刊誌「アプローチ」
⇒ http://www.utobrain.co.jp/seminar/periodic/approach/2009/index.shtml

9/16開催「"限界点"を迎えたMRの訪問活動と今後の打開策を考える」セミナー
◎川越が自社オープンセミナーで講演するのは年1回だけです!
 ⇒ http://consunalist.seesaa.net/article/125207901.html

(2009-8-31)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

ジェネリック医薬品は先発と同じではない

広島県医師会が8月5日にホームページ上に掲載した『ジェネリック医薬品(後発医薬品)に関する広島県医師会からのお知らせです』ポスター、チラシ」が話題になっているようです。

hiroshimaGE.jpg

 ⇒ http://www.hiroshima.med.or.jp/news/2009/news20090805.htm

ポスターとチラシには、

(1)ジェネリック医薬品(後発医薬品)は先発医薬品と全く同じ製剤ではないのです
(2)ジェネリック医薬品には安全性と有効性が異なる可能性もあるのです
(3)ジェネリック医薬品に適していない医薬品があり、これが安易に使われている可能性があるのです
(4)ジェネリック医薬品を選ぶかどうかの最終決定は、薬局での患者の皆様の判断にゆだねられる場合が格段に増えることになったのです

と記載されています。

広島県と言えば、呉市がジェネリック医薬品促進通知サービスを実施して効果をあげていますが、こうした動きへの反発が、今回の“反対キャンペーン”につながったものと推測されます。

立川志の輔さんの新作落語の演題に『バールのようなもの』という傑作があります。

⇒ http://www.nicovideo.jp/watch/sm2394580

バールのようなものだから、バールじゃないんだ!という話がどんどん続いていくのが面白いのですが、ジェネリック医薬品も先発医薬品と「同じ」と言わずに「先発医薬品のようなもの」と言えば、医師も納得してくれるんじゃないでしょうか(笑)


9/16開催「"限界点"を迎えたMRの訪問活動と今後の打開策を考える」セミナー
◎川越が自社オープンセミナーで講演するのは年1回だけです!
 ⇒ http://consunalist.seesaa.net/article/125207901.html

(2009-8-28)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

病院は後発医薬品メーカーを◎◎の品揃えで評価する

8/26は自社主催のクローズドの勉強会で、国際医療福祉大学三田病院の武藤正樹副院長に「後発品の現状と今後の展開」について、ポロンカンパニー株式会社の中川康司社長に「成果に繋がる説明会とは?」についてご講演いただきました。

クローズドなので、内容はご紹介できないのですが、急性期病院は「ジェネリック(後発医薬品)メーカーを抗がん剤の品揃えで評価する」という武藤先生の発言にはナルホドと思いました。

中川さんの話の内容は、10月以降の『アプローチ』※で連載される予定ですので、ぜひ!ご期待ください。

※MRのための週刊誌『アプローチ』のご紹介(PDF)

<主なコーナー・執筆者>
『今週の提言』『すぐわかるニュース解説』
ユート・ブレーン株式会社 コンサナリスト 川越 満
『薬局長が求めるMR像』セルフコーチング薬剤師 岡 秀司氏
『毎日が楽しくなるMRの自己啓発48手』MR-NET 池上 文尋氏
『米国からの医療業界最新情報』米国病院経営者協会認定CHE 河野 圭子氏
『成果につながる説明会』ポロンカンパニー株式会社 中川 康司氏
『薬価・流通問題を読む』株式会社薬新 井高 恭彦氏
『プロフェッショナルでいこう』末吉 武氏


⇒ http://www.utobrain.co.jp/seminar/periodic/approach/2009/approach.pdf


9/16開催「"限界点"を迎えたMRの訪問活動と今後の打開策を考える」セミナー
◎川越が自社オープンセミナーで講演するのは年1回だけです!
 ⇒ http://consunalist.seesaa.net/article/125207901.html

(2009-8-26)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

MR数に影響をリアルに及ぼす9つの足音



2006年に出版した『MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”』の冒頭に、“MRバブル崩壊への9つの足音”を提示しました。2009年バージョンとして若干修正しましたので、ご紹介します。

<MR数に影響をリアルに及ぼす9つの足音>

(1)病院による「共同購入」と「採用品目削減」

(2)DPC拡大による「治療の標準化」と「低薬価シフト」 ⇒ 訪問規制の強化

(3)後発医薬品の使用促進

(4)高齢者の負担増と包括化

(5)2010年問題とピカ新欠乏症

(6)シェア・オブ・ボイスからシェア・オブ・マインドへの転換

(7)バーチャルMR、DTCの普及

(8)負け組医療機関の消滅

(9)薬価維持特例制度の導入

詳しい話は、下記のセミナーで(^▽^)/

9/16開催「"限界点"を迎えたMRの訪問活動と今後の打開策を考える」セミナー
◎川越が自社オープンセミナーで講演するのは年1回だけです!
 ⇒ http://consunalist.seesaa.net/article/125207901.html

(2009-8-19)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タグ:MRバブル

続きを読む

【IHL】楊浩勇さんのビジネス哲学

7月25日(土)は、NPO法人ヘルスケアリーダーシップ研究会(IHL)の勉強会に参加してきました。

テーマは「ヘルスケア領域のパイオニア達」。講師は、楊浩勇さん(株式会社日本アルトマーク代表取締役社長)と舩木良真さん(三つ葉在宅クリニック院長)でした。

良い意味で予想を裏切る内容でした。特に楊社長(競合会社の社長の話を聴くことができるとは思わなかった(笑))のビジネス哲学には頭が下がります。

◎【不】を自分の力にする。逆に満たされたら【不】を感じ、敢えて【不の状態】をつくる

◎仕事の意味、意義を定義する力

◎考え込むより、何かをし続けることで目的が見えてくる

◎保有力と発揮力は違う

◎スキル×モチベーション×チャンス×継続力

◎死を意識すること

◎ビビッと来てチャレンジしたら、その時点で成功。結果はどうでもいい

  
このような名言がいくつも飛び出し、その後のワークも盛り上がりました。

NPO法人ヘルスケアリーダーシップ研究会
 ⇒ http://ihl2009.blog20.fc2.com/

(2009-7-29)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

祝福を受けた不安

環境運動に焦点を当てたポール・ホーケンのベストセラーの翻訳書『祝福を受けた不安 〜 サステナビリティ革命の可能性』(バジリコ)には、冒頭に次のように書かれています。

「いま現在、地球に何が起こっているのかについて科学が述べていることを見て悲観的にならないなら、あなたのデータは間違っている。一方、名もなき運動に身を投じている人々に会って、それで楽観的にならないなら、あなたにはハートがない」

この言葉は、医療崩壊が叫ばれる中で、地域医療に貢献している医療従事者たちにも通じると感じています。



(2009-7-22)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

指定市町村に関する資料

今週(7/13)号の「アプローチ」では、後期高齢者の医療費を“指定市町村”の話と絡めてご紹介しました。

参考までに、“指定市町村”に関する資料をご紹介しておきます。

指定市町村に関する通知
 ⇒ http://www.mhlw.go.jp/houdou/2009/01/dl/h0130-7c.pdf

指定市町村について、日医工さんが、わかりやすい資料を作成してくれています。
 ⇒ http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/mps/pdf/20090512kokuhoGEtuuchi.pdf

(2009-7-14)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:指定市町村

続きを読む

DPCにおける診断群分類と樹形図(チャート図)

「DPCでAという疾患でBという処置をした場合、2008年度から出来高になったと聞いたのですが、本当ですか?」

こういう質問に答えるのは大変です。「はい」とだけ答えて済ませてしまえば簡単なのかもしれませんが、ちゃんとわかってもらうためには、診断群分類の樹形図(チャート図)を見てもらわないといけないんです。

◎樹形図による診断群分類とは?
 ⇒ http://di.mt-pharma.co.jp/medical/dpc_manual/pdf/dpc_05.pdf

しかし、この樹形図が掲載されている本が高い。



こんな時に役立つのが、金沢大学附属病院の「DPC関連資料」サイトです。

 ⇒ http://web.hosp.kanazawa-u.ac.jp/dpcchk/index.html

病名から診断群分類、樹形図等が検索できるので、とても便利です。

(2009-7-13)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【営業本部長】DPCとジェネリックの結論

ついに、大阪で開催される、製薬企業の営業本部長が集まる会で講演することになりました。

テーマは「DPCマーケティングのジェネリック」。

お忙しい方たちなので、次のように、DPCとジェネリックに関する結論だけ先にお伝えしておこうと思います。

DPCketuron.jpg

GEketuron.jpg

本当は、シェア・オブ・マインドの話を中心にしたいのですが、本部長クラスの方に話せる機会を得られただけで光栄です(‐^▽^‐)

(2009-7-1)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



続きを読む

コンビニの店長をするために生まれてきた人はいないと私は思う

私は、医療保険制度と医療機関の関係を説明する際に、セブン-イレブン本社とフランチャイズチェーン(FC)加盟店との関係を、比喩表現として使用しています。

なので、今回、FC加盟店に対する値引き制限に対して公正取引委員会が独占禁止法違反(優越的地位の乱用)でセブン-イレブンに排除措置命令を出したことは、非常に印象的でした。

医療機関による“値引き販売”は違反になりますし、保険指定を剥奪されますが、「混合診療」という側面から、今回のコンビニ騒動をみると面白いと思います。

そして、医療機関とコンビニとの大きな違いを誤解を恐れずに言えば、コンビニの店長をやるために生まれてきた人はいないけど、医療を行うために生まれてきた人はいるということです。

「***するために生まれてきた」という人を“支配”することは困難を極めます。だから、どんな優れた医療政策もなかなか現場に受け入れられません。しかし、コンビニは長年、FC加盟店を奴隷のように支配してきました。これは「コンビニの店長をするために生まれてきた」という強い信念を持った人がほとんどいないからだと私は思います。

(2009-6-23)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【2010年度】基本方針2009と中期プログラムを読んで2010年度診療報酬改定を思う

経済財政諮問会議が6月9日にまとめた「基本方針2009」の素案には、添付資料に「中期プログラムの別添工程表で示された諸課題のうち2011年度までに実施する重要事項」があります。

「中期プログラム」とは、2008年のクリスマスイブに閣議決定された「持続可能な社会保障構築とその安定財源確保に向けた「中期プログラム」」のこと。

 ⇒ http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2008/1224tyuuki.pdf

2010年度診療報酬改定を含めた環境変化を見通すのに役立ちます。

<中期プログラムの別添工程表で示された諸課題のうち2011年度までに実施する重要事項>
【共 通】
・ 社会保障番号・カード(仮称)を2011年度中を目途に導入する。それに向け、省庁横断的な検討や実証実験の結果を踏まえた制度設計を行う。
・ あわせて、番号・カードを活用した社会保障サービスの向上・創設(「利用者負担総合キャップ制」の設定など)の検討を行う。
【医療・介護】
(医 療)
・ 地域医療再生のため、5年間程度の基金を都道府県に設置し、地域全体での連携の下、計画にしたがって、以下の事業を地域の実情に応じて実施して、地域医療再生・強化を図る。(2009年度補正予算)
− 医療機能連携のための施設・IT基盤の整備
− 医療機関の役割分担・機能分化の推進
− 大学病院等と連携した医師派遣機能の強化
− 医師事務作業補助者の配置 等
・ 2013年度からの都道府県医療計画の改定に向け、急性期医療の新たな指針を作成する。
・ 2010年度に見込まれる診療報酬改定において、「選択と集中」の考え方に基づき、診療報酬の配分の見直しを行うとともに、救急、産科等の体制強化などの方策を検討する。
・ 地域間、診療科間、病院・診療所間の医師の偏在を是正するための効果的な方策を講ずる。
・ 看護師等の専門性を更に高めるとともに、医師と看護師等との役割分担が可能な行為を一層明示・普及し、チーム医療・役割分担を積極的に推進する。
・ 医療新技術に対応するための革新的医薬品等の開発支援を行う。(2009年度補正予算)
− がん、小児等の未承認薬等の開発支援、審査の迅速化を図る。
− 新型インフルエンザ対策のため、全国民分のワクチン開発・生産期間を大幅に短縮する体制(現在1年半〜2年→約半年)を5年以内に整備する。
・ 後発医薬品の使用促進等、医療の効率化を進める。
・ 「規制改革推進のための3か年計画」(2009年3月31日閣議決定)を踏まえ、2011年度当初までのレセプトの原則完全オンライン化を進める。
(介 護)
・ デイサービスセンター等を併設した公的賃貸住宅の整備などを進める。
・ 特別養護老人ホーム、老人保健施設、認知症高齢者グループホーム等の緊急整備を進める。(2009年度補正予算)
・ 2009年度のプラス3.0%の介護報酬改定による介護従事者の処遇改善を図る。
・ 介護職員の処遇改善に取組む事業者に対し助成を行う。(2009年度補正予算)
・ 介護経験のない離職者等に対する職業訓練、潜在的有資格者の再就職支援、現に働く介護人材の資格取得等のキャリアアップ支援などを行う。(2009年度補正予算)
・ 2009年度の介護報酬改定の事後検証も踏まえ、介護報酬の在り方について、望ましい地域包括ケアシステムの構築という観点からの検討を進める。
(医療と介護の連携)
・ 医療と介護が連携したサービスを提供するための診療報酬と介護報酬の同時改定(2012年度見込)に向けた検討を進める。
【少子化対策】
・ これから子どもを産み育てることを望むあらゆる世帯に対応した新しい子育て支援制度の在り方の検討を進め、税制改革の動向を踏まえつつ、必要な法制上の整備を図る。
・ 「安心こども基金」(2010年度まで)等により、保育所・放課後児童クラブの整備、家庭的保育、小規模保育など保育サービスの提供手段の多様化・供給拡大を進める。
・ 一時預かりサービスの利用助成と普及、地域子育て支援拠点等の基盤整備など、すべての子ども・家庭を対象とする子育て支援サービスの整備を進める。(2009年度補正予算)
・ 社会的養護等の特別の支援を必要とする子ども達等へのサービスを拡充する。(2009年度補正予算)
・ 妊婦健診への公費負担を通常必要とされる14回程度まで拡充する。(2008年度補正予算)
・ 「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」及びその「行動指針」に基づいた取組を推進する。
・ 育児・介護休業法の改正及び次世代育成支援対策推進法の改正を踏まえ、企業における仕事と家庭の両立を進める。
・ これらの取組を踏まえつつ、年内を目途に新しい「少子化社会対策大綱」を策定する。

(2009-6-16)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【2010年問題】井上良一さん舌好調!

おかげさまで満員御礼となった「2015年医薬品市場の展望〜2010年問題の衝撃を超えて〜」セミナー。

 ⇒ http://consunalist.seesaa.net/article/116685767.html

もっとも元気だった講師は69歳の井上良一さんでした(^▽^)/



「ファイザーは2年後にはアボットを買うことになる!」

「これまでの戦略がうまくいかないからといって、ジェネリックメーカーを買収したS社は、正気の沙汰じゃない!」

「アステラスは協和発酵キリンを買いなさい!」


など、いつもながらの毒舌(爆)

もちろん、毒舌だけでなく、「これからはPersonalized Medicines(個別化医療)がメインの市長分野として期待できる」など多くの予測もしていただきました。

他の講師の講演内容は、MRのための情報誌『アプローチ』の中で紹介する予定です。

(2009-5-28)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆マイナビ2010「MR特集」〜医療は『安心産業』であり『希望産業』である。その一翼を担うMRは、人に感謝される素晴らしい仕事です☆
→ http://job.mynavi.jp/conts/2010/tok/mr/opinion/index.html

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【中医協】2008年度診療報酬改定の結果検証報告書

厚生労働省は5月20日の中医協総会に、2008年度診療報酬改定の結果検証報告書を提出しました。

 ⇒ http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0520-4.html

分かりやすいように資料名をメモしておきますね。

資料(総−1−2)病院勤務医の負担軽減の実態調査報告書
資料(総−1−3)外来管理加算の意義付けの見直しの影響調査報告書
資料(総−1−4)後発医薬品の使用状況調査報告書
資料(総−1−5)後期高齢者診療料の算定状況に係る調査報告書
資料(総−1−6)後期高齢者終末期相談支援料に係る調査報告書


後発医薬品の使用状況調査の結果から、厚生労働省は「一部に、後発医薬品を使用しないとの強い意思表示をしている医療機関・保険医や後発医薬品に関する患者への説明及び調剤に積極的でない薬局が見受けられる」と指摘。療養担当規則等における後発医薬品の使用促進に係る規定の遵守状況の確認や必要な指導を行うことを明らかにしています。


(2009-5-26)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆マイナビ2010「MR特集」〜医療は『安心産業』であり『希望産業』である。その一翼を担うMRは、人に感謝される素晴らしい仕事です☆
→ http://job.mynavi.jp/conts/2010/tok/mr/opinion/index.html

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【業績乖離】過大評価していたのは「営業力」ではなく「SOV」だ

業界紙に、大日本住友・多田正世社長の決算会見(2009.5.11)でのコメントが紹介されています。

「営業力を過大評価していた」

戦略4製品(アムロジン、ガスモチン、プロレナール、メロペン)が▲4.2%になったことに加え、アバプロなどの新製品が伸び悩んだことが、「営業力を過大評価していた」というコメントになったのだと思いますが、これを読んだ同社のMRさんは、かなりモチベーションが下がったのではないかと心配しています。

しかし、これは大日本住友だけの話ではなく、今後は、各社の経営陣が“営業力の低下”に悩むことになるでしょう。

なぜなら、経営者は営業力を過大評価しているのではなく、シェア・オブ・ボイス(SOV:処方依頼中心のMR活動。医師へのコール数・ディテール数を競っている世界)を過大評価しているからです。そのため、経営層とMR現場とのギャップがこれから拡大することになります。

<参考:大日本住友 平成21年3月期 決算説明会資料>
 ⇒ http://www.ds-pharma.co.jp/ir/setumei/pdf/ir2009.05.11.pdf

(2009-5-13)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆マイナビ2010「MR特集」〜医療は『安心産業』であり『希望産業』である。その一翼を担うMRは、人に感謝される素晴らしい仕事です☆
→ http://job.mynavi.jp/conts/2010/tok/mr/opinion/index.html

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」☆12月25日発売☆3刷決定☆
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

【日曜フォーラム】あなたはどうする?ジェネリック医薬品を選択しますか

5月10日のNHK教育テレビ・日曜フォーラムは、「あなたはどうする?ジェネリック医薬品を選択しますか」が放送されました。

出演者は、櫻井秀也さん(元日本医師会副会長)、武藤正樹さん(国際医療福祉大学大学院教授)、漆畑稔さん(日本保険薬局協会専務理事)という、シンポジウムでおなじみの3人に、厚生労働省の木下賢志経済課長を加えた4人でした。

さらに、ビデオで聖マリアンナ医科大学病院の増原慶壮薬剤部長が登場しました。

1時間という枠の中で、後発医薬品(ジェネリック医薬品)の状況や医療現場の考え方などが分かりやすく説明されましたが、どうすれば、ジェネリック医薬品市場が拡大するのか?という部分は弱かったと思います。

私が『2010年問題後の医薬品企業勝ち残りの方程式』の中で指摘させていただいたように、1先発医薬品に対して5後発医薬品を限度とするような仕組みにしなければ、すべてのプレイヤーが“負け組”になるでしょう。

(2009-5-10)

Copyright (c) 2009 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。

☆…「過去最高の研修」が書籍化…☆
「MRバブル崩壊時代に勝ち残る“7つの眼”」
詳細はコチラ → http://www.26shot9.com/web/7eyesbook.htm
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新刊案内>
「<イラスト図解>医療費のしくみ」3刷決定!!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534044887/26shot9com-22

<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」13刷決定!!(累計4万3500部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
「よくわかる医療業界」8刷決定!!(累計2万6000部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/453404044X/26shot9com-22
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。