アセトアミノフェンで『一般名処方加算』を算定できるのか?

先日、「アセトアミノフェンで『一般名処方加算』を算定できるのか?」という質問がありました。

アセトアミノフェンを情報提供しているメーカーの教育担当者ですら、このような質問をするくらいですから、多くの方が混乱していたようです。

混乱の原因は、アセトアミノフェンには、一般名処方加算を算定できるものとできないものが混在していること。さらに、診療報酬において加算等の算定対象となる後発医薬品と“ならない”後発医薬品が混在していることです。

質問には「一般名処方加算を算定できるのは、外用薬のアセトアミノフェン200mg1個のみ」とお答えしておきましたが、7月1日に「一般名処方マスタ」がようやく完成したので、もうこのような質問は来ないでしょう。

<処方せんに記載する一般名処方の標準的な記載(一般名処方マスタ)について>
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/shohosen.html

(2012-7-5)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」17刷決定!!(累計5.2万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<新版化決定>『平成24年度改定対応<イラスト図解>医療費のしくみ』!
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534049536/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで4刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


亜急性期入院医療管理料2は厳しい

今日17日は『平成24年度改定対応<イラスト図解>医療費のしくみ』の発売日です。

すでに大手書店の医学コーナーには並んでいるようです。よろしくお願い申し上げます。類書にご注意ください(爆)



さて、最近いただいた質問で「亜急性期は厳しいなぁ」と思ったものをシェアします。

『2012年度診療報酬改定33のQ&A』のQ21<亜急性期入院医療管理料の見直しとは?>にも書いたとおり、2012年度診療報酬改定では亜急性期入院医療管理料と回復期リハビリテーション病棟入院料が再編されて、亜急性期入院医療管理料2と回復期リハビリテーション病棟入院料1が同じ1911点/日になりました。

問題は、亜急性期入院医療管理料2が回復期に近づいたということで、1000点以上の処置や手術治療が出来高で算定できなくなってしまったことです。

該当する製品を持つMRさんは知っておきたいポイントですね。

以下、平成24年厚生労働省告示第76号から抜粋

注4 診療に係る費用(第2節に規定する臨床研修病院入院診療加算、医師事務作業補助体制加算、地域加算、離島加算、精神科リエゾンチーム加算、医療安全対策加算、感染防止対策加算、患者サポート体制充実加算、救急搬送患者地域連携受入加算及び総合評価加算、第2章第1部医学管理等、第2部在宅医療、第7部リハビリテーション、第8部精神科専門療法、第9部処置(所定点数(第1節に掲げるものに限る。)が1,000点を超えるものに限る。)、第10部手術、第11部麻酔並びに第12部放射線治療に係る費用並びに除外薬剤・注射薬の費用を除く。)は、亜急性期入院医療管理料1に含まれるものとする。

注5 診療に係る費用(注3に規定する加算、第2節に規定する臨床研修病院入院診療加算、医師事務作業補助体制加算、地域加算、離島加算、医療安全対策加算、感染防止対策加算、患者サポート体制充実加算及び救急搬送患者地域連携受入加算、区分番号B005−3に掲げる地域連携診療計画退院時指導料(T)、第2章第2部在宅医療、第7部リハビリテーション、区分番号J038に掲げる人工腎臓並びに除外薬剤・注射薬の費用を除く。)は、亜急性期入院医療管理料2に含まれるものとする。

(2012-5-17)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」17刷決定!!(累計5.2万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<新版化決定>『平成24年度改定対応<イラスト図解>医療費のしくみ』!
⇒ http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534049536/26shot9com-22
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで4刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ジェネリックは医師に相談してとか、いきなり一般名処方されて混乱する薬局現場

後発医薬品促進6つのカードのうち、一般名処方加算(2点)に伴う混乱続いているようです。

以下に、最近の“騒動”のリンクをご紹介します。

◎東京保険医協会のジェネリックポスター「ジェネリック(後発医薬品)は医師に相談して」
http://www.hokeni.org/top/download/download.html#dl50

◎東京保険医協会のポスターに対する日本ジェネリック医薬品学会の異議書面
http://www.ge-academy.org/img/iken120326.pdf

◎厚生労働省:ジェネリック医薬品への疑問に答えます〜ジェネリック医薬品Q&A〜
http://www.ge-academy.org/img/qanda20120401.pdf

◎一般名処方に関するつぶやき
http://togetter.com/li/283691

◎日医工医業経営研究所による「一般名処方加算  算定可能薬剤の調べ方」
http://www.nichiiko.co.jp/stu-ge/mps/pdf/20120406ippanmeikasankahiStuGE.pdf

(2012-4-9)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。








━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」17刷決定!!(累計5.2万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<増刷御礼>『最新 医療費のしくみ』新版化決定!
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで4刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


糖尿病透析予防指導管理料について質問が来たので、シェアします。

お客さんから糖尿病透析予防指導管理料について質問が来たので、シェアします。

【質問】糖尿病透析予防指導管理料について、
(1)個別指導、集団指導のどちらでも算定出来るのか?
A:個別指導のみです。

(2)指導は、医師と栄養師や看護師が一緒に行わなければならないのか?
A:同席して指導を行う必要はないが、それぞれが同日に指導を行う必要があります。

具体的には、3/30に疑義解釈資料が出されています。※糖尿病透析予防指導管理料関連を抜粋

Q:糖尿病透析予防指導管理料について、当該点数を算定する日において、透析予防診療チームである医師、看護師又は保健師及び管理栄養士それぞれによる指導の実施が必要か。
(答) そのとおり。当該指導にあたり、必ずしも医師、看護師又は保健師及び管理栄養士が同席して指導を行う必要はないが、それぞれが同日に指導を行う必要があることに留意されたい。

Q:糖尿病透析予防指導管理料について糖尿病教室に参加していない患者であっても、要件を満たす場合は、当該点数を算定可能か。
(答) そのとおり。

Q:糖尿病透析予防指導管理料について、糖尿病教室等で複数の患者に同時に指導を行った場合でも算定可能か。
(答) 複数の患者に同時に指導を行った場合には算定出来ない。

Q:糖尿病透析予防指導管理料の施設基準にある管理栄養士の経験として必要な栄養指導とは何か。
(答) 栄養指導とは、患者の栄養状態や食行動等の評価・判定を踏まえ、療養に必要な食事や栄養に関する指導を行うこと等が含まれる。なお、食事の提供にかかる業務のみを行っている場合は、栄養指導を行っていないため、当該経験として必要な栄養指導には該当しない。

Q:糖尿病透析予防指導管理料の施設基準で求められている医師、看護師、保健師及び管理栄養士のそれぞれの経験は、複数の施設で必要な経験年数を満たしていてもいいのか。
(答) そのとおり。

Q:糖尿病透析予防指導管理料の医師、看護師、管理栄養士は栄養サポートチーム加算の専任の医師、看護師、管理栄養士との兼任は可能か。
(答) 栄養サポートチームの専従ではない医師、看護師、管理栄養士は兼任が可能である。

Q:糖尿病透析予防指導管理料は糖尿病合併症管理料との併算定は可能か。
(答) 可能である。

Q:糖尿病透析予防指導管理料の看護師の要件である研修の内容が通知に示されているが、具体的にはどのような研修があるのか。
(答) 現時点では、以下のいずれかの研修である。
@日本看護協会認定看護師教育課程「糖尿病看護」「透析看護」の研修
A日本看護協会が認定している看護系大学院の「慢性疾患看護」の専門看護師教育課程
B日本糖尿病療養指導士認定機構が認定している糖尿病療養指導士の受講者用講習会

(2012-4-4)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
<増刷御礼>『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2012年度診療報酬改定に関する疑義解釈資料(1)

厚生労働省保険局医療課は3月30日、2012年度診療報酬改定に関する疑義解釈資料「疑義解釈資料の送付について(その1)」を地方厚生局に送付しました。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/zimu2-1.pdf

注目の「感染防止対策加算」は、“特別の関係”にある医療機関が連携した場合も届出可能だそうです。

<参考>「特別の関係」とは、次に掲げる関係をいう。
ア当該保険医療機関等と他の保険医療機関等の関係が以下のいずれかに該当する場合に、当該保険医療機関等と当該他の保険医療機関等は特別の関係にあると認められる。
(イ) 当該保険医療機関等の開設者が、当該他の保険医療機関等の開設者と同一の場合
(ロ) 当該保険医療機関等の代表者が、当該他の保険医療機関等の代表者と同一の場合
(ハ) 当該保険医療機関等の代表者が、当該他の保険医療機関等の代表者の親族等の場合
(ニ) 当該保険医療機関等の理事・監事・評議員その他の役員等のうち、当該他の保険医療機関等の役員等の親族等の占める割合が10分の3を超える場合
(ホ) (イ)から(ニ)までに掲げる場合に準ずる場合(人事、資金等の関係を通じて、当該保険医療機関等が、当該他の保険医療機関等の経営方針に対して重要な影響を与えることができると認められる場合に限る。)
イ「保険医療機関等」とは、保険医療機関である病院若しくは診療所、介護老人保健施設又は指定訪問看護事業者をいう。
ウ「親族等」とは、親族関係を有する者及び以下に掲げる者をいう。
(イ) 事実上婚姻関係と同様の事情にある者
(ロ) 使用人及び使用人以外の者で当該役員等から受ける金銭その他の財産によって生計を維持しているもの
(ハ) (イ)又は(ロ)に掲げる者の親族でこれらの者と生計を一にしているもの

(2012-4-3)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


DPCの告示内容リンク集

昨晩(3/29)、基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数I及び機能評価係数IIのデータが公開されたことにより、DPC関連のデータが出揃いました。

分かりやすく、下記に整理しました。

DPC病院の基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数I及び機能評価係数II(エクセル)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/11-5-2.xls

DPCのツリー図(樹形図)(エクセル)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/11-4-5.xls

DPCの定義テーブル(エクセル)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/11-4-6.xls

DPCの傷病名、手術、処置等及び副傷病名(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/11-3.pdf

診断群分類点数表(PDF)
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/iryouhoken15/dl/11-1.pdf

(2012-3-30)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

基礎係数+暫定調整係数+機能評価係数Uの上位50病院

業界紙で「暫定調整係数、機能評価係数Uを合算すると、U群病院よりもV群病院が上回る事例も散見できる」という中医協委員の発言がありました。

実際に調べてみると、暫定調整係数+機能評価係数Uの上位50病院のうち、U群病院はわずか3つのみです。T群は日本医科大学付属病院だけで、残りの46病院はV群です。なので、暫定調整係数+機能評価係数Uで比較するのは、あまり意味がないと思います。

そこで、基礎係数+暫定調整係数+機能評価係数Uの上位50病院を見てみました。すると、T群:24病院、U群:3病院、V群:23病院と、T群が最多となりました。ここでもU群は3病院のみだったので、今後の議論の俎上に載せられるかもしれませんね。

<暫定調整係数+機能評価係数Uの上位50病院>
※病院番号の上1桁が1はT群、2はU群、3はV群です
30746 医療法人社団洛和会洛和会音羽病院 0.3341
30053 医療法人社団平成醫塾苫小牧東病院 0.3133
31017 広島赤十字・原爆病院 0.3112
30002 社会医療法人北海道循環器病院 0.2898
30385 社会福祉法人仁生社江戸川病院 0.2781
20001 手稲渓仁会病院 0.2749
30266 独立行政法人国立病院機構埼玉病院 0.2714
30609 松波総合病院 0.2476
30028 社会医療法人禎心会新札幌恵愛会病院 0.2472
30203 沼田脳神経外科循環器科病院 0.2458
30029 医療法人五月会小笠原クリニック札幌病院 0.2384
30011 北光記念病院 0.2378
30006 札幌南三条病院 0.2370
30023 札幌社会保険総合病院 0.2361
20087 独立行政法人国立病院機構九州医療センター 0.2354
30018 社会医療法人恵佑会札幌病院 0.2341
30423 社会保険横浜中央病院 0.2332
30051 社会医療法人製鉄記念室蘭病院 0.2332
30104 仙台社会保険病院 0.2329
30671 社会保険中京病院 0.2292
30027 医療法人社団碩心会心臓血管センター北海道大野病院 0.2262
30012 医療法人社団愛心館愛心メモリアル病院 0.2261
30044 旭川赤十字病院 0.2245
30247 医療法人社団東光会戸田中央総合病院 0.2230
30430 菊名記念病院 0.2209
30679 総合大雄会病院 0.2192
30003 医療法人医仁会中村記念病院 0.2174
31216 (総)健康保険諫早総合病院 0.2141
30008 医療法人徳洲会札幌東徳洲会病院 0.2122
30162 医療法人聖麗会聖麗メモリアル病院 0.2108
30060 社会医療法人孝仁会釧路孝仁会記念病院 0.2107
31282 公益社団法人鹿児島共済会南風病院 0.2107
30393 医療法人社団徳成会八王子山王病院 0.2104
30636 社団法人全国社会保険協会連合会社会保険桜ケ丘総合病院 0.2100
30752 京都第二赤十字病院 0.2088
10021 日本医科大学付属病院 0.2059
30201 財団法人脳血管研究所附属美原記念病院 0.2043
30317 財団法人聖路加国際病院 0.2028
30085 盛岡赤十字病院 0.2027
20002 市立函館病院 0.2013
30732 武田病院 0.2013
30217 社会福祉法人恩賜財団済生会支部埼玉県済生会川口総合病院 0.1953
30938 医療法人康仁会西の京病院 0.1949
30461 医療法人社団哺育会桜ケ丘中央病院 0.1937
30197 前橋赤十字病院 0.1923
31054 綜合病院社会保険徳山中央病院 0.1918
30056 総合病院伊達赤十字病院 0.1918
30015 北海道社会保険病院 0.1914
30670 名古屋共立病院 0.1900
30274 社会医療法人社団健脳会千葉脳神経外科病院 0.1898


<基礎係数+暫定調整係数+機能評価係数Uの上位50病院>
※病院番号の上1桁が1はT群、2はU群、3はV群です
30746 医療法人社団洛和会洛和会音羽病院 1.3759
10021 日本医科大学付属病院 1.3624
20001 手稲渓仁会病院 1.3581
30053 医療法人社団平成醫塾苫小牧東病院 1.3551
31017 広島赤十字・原爆病院 1.3530
10024 東邦大学医療センター大森病院 1.3391
30002 社会医療法人北海道循環器病院 1.3316
30385 社会福祉法人仁生社江戸川病院 1.3199
20087 独立行政法人国立病院機構九州医療センター 1.3186
10019 東京女子医科大学病院 1.3139
30266 独立行政法人国立病院機構埼玉病院 1.3132
10001 札幌医科大学附属病院 1.3110
10032 東海大学医学部付属病院 1.3039
10031 北里大学病院 1.3019
10020 慶應義塾大学病院 1.3004
10018 東京医科大学病院 1.2996
10023 昭和大学病院 1.2951
10025 日本大学医学部附属板橋病院 1.2922
10049 京都府立医科大学附属病院 1.2920
30609 松波総合病院 1.2894
30028 社会医療法人禎心会新札幌恵愛会病院 1.2890
30203 沼田脳神経外科循環器科病院 1.2876
20002 市立函館病院 1.2845
30029 医療法人五月会小笠原クリニック札幌病院 1.2802
10002 北海道大学病院 1.2798
30011 北光記念病院 1.2796
30006 札幌南三条病院 1.2788
10036 金沢医科大学病院 1.2782
30023 札幌社会保険総合病院 1.2779
10071 久留米大学病院 1.2769
10072 産業医科大学病院 1.2763
30018 社会医療法人恵佑会札幌病院 1.2759
30051 社会医療法人製鉄記念室蘭病院 1.2750
30423 社会保険横浜中央病院 1.2750
30104 仙台社会保険病院 1.2747
10003 旭川医科大学病院 1.2732
30671 社会保険中京病院 1.2710
30027 医療法人社団碩心会心臓血管センター北海道大野病院 1.2680
30012 医療法人社団愛心館愛心メモリアル病院 1.2679
10033 聖マリアンナ医科大学病院 1.2664
30044 旭川赤十字病院 1.2663
10038 福井大学医学部附属病院 1.2660
30247 医療法人社団東光会戸田中央総合病院 1.2648
10037 金沢大学附属病院 1.2645
10062 川崎医科大学附属病院 1.2642
30430 菊名記念病院 1.2627
10051 大阪医科大学附属病院 1.2620
10022 順天堂大学医学部附属順天堂医院 1.2618
30679 総合大雄会病院 1.2610
10068 愛媛大学医学部附属病院 1.2610



(2012-3-29)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

暫定調整係数がマイナスになった65病院リスト

2012年度診療報酬改定では、DPC病院に基礎係数が設定されましたが、“激変緩和措置”として「暫定調整係数」が残りました。

今回は、その暫定調整係数がマイナスとなった65病院をご紹介します。

DPC病院T群でマイナスだったのは、名古屋大学医学部附属病院のみ。U群でマイナスだったのは千葉県がんセンター、福岡和白病院の2病院です。

社会医療法人聖医会サザン・リージョン病院 -0.1003
大分記念病院 -0.0714
医療法人社団湯川胃腸病院 -0.0625
河村病院 -0.0623
宇賀岳病院 -0.0614
宇佐高田医師会病院 -0.0512
千葉県こども病院 -0.0481
兵庫県立こども病院 -0.0448
近藤内科病院 -0.0442
やよいがおか鹿毛病院 -0.0423
医療法人徳洲会名瀬徳洲会病院 -0.0378
医療法人社団若鮎北島病院 -0.0360
町立湯沢病院 -0.0355
日本海員掖済会長崎病院 -0.0334
医療法人松風海内藤病院 -0.0315
日田中央病院 -0.0312
医療法人医理会柿添病院 -0.0298
医療法人一祐会藤本病院 -0.0273
財団法人淳風会倉敷第一病院 -0.0236
瀬戸内海病院 -0.0228
佐藤胃腸科外科病院 -0.0222
医療法人聖真会渭南病院 -0.0214
医療法人社団日晴会久恒病院 -0.0211
つるぎ町立半田病院 -0.0206
三菱神戸病院 -0.0194
名古屋大学医学部附属病院 -0.0182
熊本市立植木病院 -0.0174
医療法人厚生会小原病院 -0.0156
千葉県がんセンター -0.0134
独立行政法人国立病院機構佐賀病院 -0.0133
橘病院 -0.0128
社会医療法人光生病院 -0.0126
神代病院 -0.0121
沖縄県立八重山病院 -0.0108
社会医療法人恵生会黒須病院 -0.0101
社会医療法人長崎記念病院 -0.0099
医療法人社団健育会西伊豆病院 -0.0098
医療法人公仁会姫路中央病院 -0.0098
社団法人益田市医師会立益田地域医療センター医師会病院 -0.0088
独立行政法人国立病院機構高知病院 -0.0081
社会医療法人社団即仁会北広島病院 -0.0075
岩手県立釜石病院 -0.0066
独立行政法人国立成育医療研究センター -0.0062
医療法人徳洲会大垣徳洲会病院 -0.0062
JR九州病院 -0.0061
社会医療法人喜悦会那珂川病院 -0.0059
財団法人老年病研究所附属病院 -0.0048
社会医療法人恵和会西岡病院 -0.0047
長野県厚生農業協同組合連合会佐久総合病院小海分院 -0.0047
医療法人社団一陽会原田病院 -0.0047
日本海員掖済会門司病院 -0.0045
村立東海病院 -0.0041
中津市立中津市民病院 -0.0040
福岡和白病院 -0.0039
公益財団法人東京都保健医療公社多摩北部医療センター -0.0036
中央病院 -0.0028
医療法人三会宮崎病院 -0.0026
医療法人敬愛会大塚病院 -0.0025
医療法人光生会病院 -0.0023
独立行政法人国立病院機構香川小児病院 -0.0019
船橋市立医療センター -0.0016
医療法人同愛会博愛病院 -0.0014
総合病院姫路聖マリア病院 -0.0008
くぼかわ病院 -0.0003
県立薩南病院 -0.0002




(2012-3-27)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む

DPC病院U群の機能評価係数Uランキング

厚生労働省は3月26日にDPC病院の基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数Uを官報告示しました。

参考までに話題となっている“DPC病院U群”を機能評価係数Uの高い順に並べてみました。

済生会熊本病院 0.0369
市立函館病院 0.0338
JA北海道厚生連帯広厚生病院 0.0338
財団法人倉敷中央病院 0.0335
高知県・高知市病院企業団立高知医療センター 0.0325
徳島赤十字病院 0.0309
自治医科大学附属さいたま医療センター 0.0297
医療法人沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院 0.0288
八戸市立市民病院 0.0276
神戸市立医療センター中央市民病院 0.0276
青森県立中央病院 0.0274
岩手県立中央病院 0.0274
東京都立多摩総合医療センター 0.0273
伊勢赤十字病院 0.0273
茨城県立中央病院 0.0272
医療法人豊田会刈谷豊田総合病院 0.0269
市立四日市病院 0.0269
社会医療法人財団石心会川崎幸病院 0.0268
埼玉医科大学国際医療センター 0.0266
静岡県立総合病院 0.0266
公益財団法人天理よろづ相談所病院 0.0266
小牧市民病院 0.0261
独立行政法人国立病院機構九州医療センター 0.0261
恩賜財団済生会横浜市東部病院 0.0259
新潟市民病院 0.0259
独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター 0.0259
総合病院土浦協同病院 0.0258
独立行政法人国立病院機構岡山医療センター 0.0256
新潟県立新発田病院 0.0254
香川県立中央病院 0.0254
公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター 0.0253
日本赤十字社東京都支部武蔵野赤十字病院 0.0252
日本赤十字社医療センター 0.0248
社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷三方原病院 0.0247
広島市立広島市民病院 0.0247
大垣市民病院 0.0246
京都第一赤十字病院 0.0244
順天堂大学医学部附属静岡病院 0.0242
社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷浜松病院 0.0242
船橋市立医療センター 0.0241
さいたま赤十字病院 0.0239
公立昭和病院 0.0239
名古屋第一赤十字病院 0.0239
手稲渓仁会病院 0.0238
名古屋第二赤十字病院 0.0238
大阪警察病院 0.0236
九州厚生年金病院 0.0235
埼玉医科大学総合医療センター 0.0231
独立行政法人国立がん研究センター中央病院 0.0231
静岡市立静岡病院 0.0231
医療法人徳洲会岸和田徳洲会病院 0.0230
独立行政法人国立循環器病研究センター 0.0230
県立宮崎病院 0.0229
山形県立中央病院 0.0228
福岡県済生会福岡総合病院 0.0228
諏訪赤十字病院 0.0227
公立豊岡病院組合立豊岡病院 0.0227
社会医療法人仁愛会浦添総合病院 0.0227
財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北病院 0.0226
近畿大学医学部奈良病院 0.0223
愛知県厚生農業協同組合連合会海南病院 0.0220
東京医科大学八王子医療センター 0.0218
高知赤十字病院 0.0217
東京都済生会中央病院 0.0211
千葉県がんセンター 0.0208
立川綜合病院 0.0208
公益財団法人田附興風会医学研究所北野病院 0.0208
筑波メディカルセンター病院 0.0207
医療法人天神会新古賀病院 0.0207
新潟県厚生農業協同組合連合会長岡中央綜合病院 0.0200
公益財団法人がん研究会有明病院 0.0198
長野市民病院 0.0198
岐阜県総合医療センター 0.0197
学校法人東京女子医科大学東京女子医科大学附属八千代医療センター 0.0189
国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院 0.0189
虎の門病院 0.0187
学校法人順天堂順天堂大学医学部附属浦安病院 0.0186
昭和大学藤が丘病院 0.0186
日本医科大学千葉北総病院 0.0183
東邦大学医療センター大橋病院 0.0178
大阪府立成人病センター 0.0173
独立行政法人労働者健康福祉機構中部労災病院 0.0171
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 0.0168
福岡和白病院 0.0168
青森市民病院 0.0167
兵庫県立尼崎病院 0.0167
学校法人慈恵大学東京慈恵会医科大学附属柏病院 0.0162
名古屋市立東部医療センター 0.0161
獨協医科大学越谷病院 0.0159
明石医療センター 0.0154


(2012-3-26)

Copyright (c) 2011 Mitsuru Kawagoe
※掲載記事の無断使用・転載を禁じます。









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<増刷御礼>
「<イラスト図解>病院のしくみ」16刷決定!!(累計5万部)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4534038763/26shot9com-22
【新発売】『最新 医療費のしくみ』3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bgdZAE
『最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界』おかげさまで3刷決定!
⇒ http://bit.ly/bYI2ma
◎MRのためのシェア・オブ・マインド(SOM)研究会※200人超えました!
⇒ http://www.facebook.com/shareofmind
ありがとうございます!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。